新着コラムの記事一覧

東アジア杯で新戦力が輝くカギを握る駒野友一。新キャプテンが担う大きな役割とは?

東アジア杯で新戦力が輝くカギを握る駒野友一。新キャプテンが担う大きな役割とは? 2013.07.17

東アジアカップのメンバーが発表された。若手中心の選出のなか、キャプテンに指名されたのはベテランの駒野友一。新戦力への期待が高まる大会ではあるが、31歳のサイドバックが担う役割は大きい。

なぜイタリアで3バックが流行したのか? 超進化型システムのメカニズムに迫る(後編)

なぜイタリアで3バックが流行したのか? 超進化型システムのメカニズムに迫る(後編) 2013.07.16

近年、セリエAで爆発的に流行した3バック。廃れた戦術はなぜリバイバルされ、イタリアにおいて戦術の潮流となったのか? 最先端のメカニズムを現地記者が徹底解析する。

【松田浩の超分析】日本代表の守備はなぜ崩壊したのか? 失点を減らすためにセットプレーはゾーンで守るべし

【松田浩の超分析】日本代表の守備はなぜ崩壊したのか? 失点を減らすためにセットプレーはゾーンで守るべし 2013.07.16

サッカー批評本誌で好評だった栃木SC松田浩監督の日本代表守備分析。今回は3戦全敗で敗退したコンフェデの日本戦での分析をお願いした。期間中もJ2は開催されており、松田監督には試合のすべてのシーンではなく、失点シーンを中心に振り返って頂いた。なお、インタビューは試合の映像を見ながら進めた。

遅れてきた青年、森重真人。その高いポテンシャルで日本代表の起爆剤になれるか?

遅れてきた青年、森重真人。その高いポテンシャルで日本代表の起爆剤になれるか? 2013.07.16

FC東京のDF・森重真人が、東アジアカップの代表メンバーに選出された。以前から高いポテンシャルに期待されていたが、プレーに安定感が増して今回の選出に繋がった。森重は日本代表ディフェンスラインの起爆剤となれるのか?

20130715_japan

【松田浩の超分析】日本代表の守備はなぜ崩壊したのか? 希薄だった守り切る意識 2013.07.15

サッカー批評本誌で好評だった栃木SC松田浩監督の日本代表守備分析。今回は3戦全敗で敗退したコンフェデの日本戦での分析をお願いした。期間中もJ2は開催されており、松田監督には試合のすべてのシーンではなく、失点シーンを中心に振り返って頂いた。なお、インタビューは試合の映像を見ながら進めた。

20130715_hamsik

なぜイタリアで3バックが流行したのか? 超進化型システムのメカニズムに迫る(前編) 2013.07.15

近年、セリエAで爆発的に流行した3バック。廃れた戦術はなぜリバイバルされ、イタリアにおいて戦術の潮流となったのか? 最先端のメカニズムを現地記者が徹底解析する。

20130711_tolio

闘莉王はなぜザックジャパンに呼ばれないのか? 2013.07.15

コンフェデレーションズカップで、3試合で9失点と守備陣が崩壊した日本代表。守備陣には厳しい指摘があり、特にセンターバックには“闘莉王待望論”も出ている。だが、これまで闘莉王はザックジャパンに招集されたことはない。それはなぜなのか? 『あなたのサッカー「観戦力」がグンと高まる本』(東邦出版)の中で、著者の清水英斗氏がその謎をわかりやすく解説している。

20130714_yokogawa

【J3構想の実態を探る】Jリーグ理事 大河正明氏に聞く、『J3』のアウトライン(後編) 2013.07.14

Jリーグは早ければ2014年のJ3創設を目指している。これまでJリーグではどのような議論が交わされ、3部リーグ制はどのように進むのか。Jリーグ管理統括本部長の大河正明氏にJ3構想について話を聞いた。

20130714_nakazawa_mkt

サッカー現場で潜む危険から守る! 指導者&保護者のためのよくわかる熱中症対策 2013.07.14

猛暑続きの日本列島。熱中症の警戒が全国で呼びかけられるなど、まだまだ安心ができない状況です。熱中症は子どもたちの命にまで関わる重大な問題です。そこで今回は、国立スポーツ科学センターの川原貴さんに聞いた、よくわかる熱中症対策を紹介します。

20130714_manu2

先制点のタイ選手にブーイング。緩すぎる雰囲気の中、モイズ新監督の初陣を落としたマンU 2013.07.14

バンコクで13日に行われたマンチェスター・ユナイテッド対シンハーオールスターズの試合は、なんと後半にあげた1点を守り切ったオールスターズがユナイテッドを下した。その後、ユナイテッドの選手たちはすぐさま次の試合が行われるオーストラリアへ向かう機上の人となった。

新着記事

FChan TV

↑top