新着コラムの記事一覧

本田圭佑はレアル・マドリードの10番になれるのか?

本田圭佑はレアル・マドリードの10番になれるのか?(後編)【フットボールサミット第9回】 2012.12.16

『レアル番記者が見るHONDA』
本田圭佑の目標である「レアル・マドリードで10番をつけてプレーする」。世界屈指のクラブで本田は活躍することができるのだろうか?スペインの日刊紙エル・パイス紙のレアル番記者が、現在時点における本田のレアル加入と起用の可能性を分析する。(翻訳&コーディネート:山本美智子)

清武、乾、宇佐美は香川を超えられるか?

清武、乾、宇佐美は香川を超えられるか?(後編)【フットボールサミット第9回】 2012.12.16

『ドイツで輝く“香川2世”の個人戦術とプレースタイルを徹底解析』
清武弘嗣、乾貴士、宇佐美貴史。今シーズン、3人の日本人選手がブンデスリーガで輝きを放っている。“香川2世”とも賞される彼らの特長を分析し、個人戦術を読み解く。

「売国奴」と呼ばれて――。

「売国奴」と呼ばれて――。(後編)【サッカー批評 isuue59】 2012.12.16

『韓国五輪代表フィジカルコーチを務めた日本人、池田誠剛が語る「日韓戦の真実と葛藤」』
日本人で初めて韓国五輪代表のフィジカルコーチを務めた池田誠剛氏。「売国奴」「非国民」――ロンドン五輪の日韓戦後は様々な誤解もあり、一部の人から心ない誹謗中傷を受けた。彼はなぜ韓国に渡ったのか? そしてロンドンで去来した複雑な想いとは?あの日の舞台裏をいま、振り返る。

独占インタビュー 西野朗『超攻撃の美学、勝負師の哲学』(後編)

独占インタビュー 西野朗『超攻撃の美学、勝負師の哲学』(後編)【サッカー批評issue 56】 2012.12.15

『ガンバ・スタイルを築き上げた指揮官の回想』
昨季でガンバ大阪の監督を退任した西野朗氏。10年におよぶ長期政権の中で築き上げた勝負師としての哲学はいかなるものなのか。今だからこそ話せることがあるはずだ。氏を直撃した。

ダビド・ルイス、ボランチ起用のワケ

【クラブワールドカップ】ダビド・ルイス、ボランチ起用のワケ 2012.12.15

『CWCはチェルシーのターニングポイントとなり得るか?』
チェルシーの新監督に就任したラファ・ベニテスは、リバプール時代の因縁もありサポーターの信頼を勝ち得ていない。そんな中、公式戦で連勝を飾り乗り込んだCWC緒戦でダビド・ルイスをボランチで起用してきた。その意図はどこにあったのだろうか?

長友佑都 セリエA第16節 ナポリ戦

長友佑都 セリエA第16節 ナポリ戦【原田亮太フォトギャラリー】 2012.12.15

『長友が攻守にわたって活躍』
12月9日に行われた、インテルvsナポリの一戦で長友は右ウイングバックとして先発フル出場。チームの勝利に貢献した。

高校サッカー、日テレの中継姿勢に大きな疑問

フットボールチャンネル開設にあたり【植田路生】 2012.12.14

WEBサイト『フットボールチャンネル』開設にあたり、編集長・植田路生からのご挨拶。

清武、乾、宇佐美は香川を超えられるか?

清武、乾、宇佐美は香川を超えられるか?(前編)【フットボールサミット第9回】 2012.12.14

『ドイツで輝く“香川2世”の個人戦術とプレースタイルを徹底解析』
清武弘嗣、乾貴士、宇佐美貴史。今シーズン、3人の日本人選手がブンデスリーガで輝きを放っている。“香川2世”とも賞される彼らの特長を分析し、個人戦術を読み解く。

中田英寿という生き方

中田英寿という生き方(前編)【フットボールサミット第2回】 2012.12.14

『「偏屈者」と呼ばれしサッカー界のトリックスター』
さまざまな革命をもたらしながらも、日本の社会では「偏屈者」「変わり者」というレッテルを貼られてしまう中田英寿という生き方。日本的な甘えを断つその生き様は、引退後のいまもさほど変わっていないように思える。再び新しい道を切り開こうとしている彼は、またも日本の社会と対峙することになるのか。

スポーツでこの国を豊かにする

スポーツでこの国を豊かにする【サッカー批評 issue55】 2012.12.14

『元Jリーガー・友近聡朗参院議員に聞く、スポーツ基本法の理念と展望』
2011年8月に施行されたスポーツ基本法。この法律によって一体どのようなことが期待できるのか? 法案成立に尽力してきた愛媛FCの元プレーヤーである友近聡朗参院議員に話を聞いた。

新着記事

FChan TV

↑top