新着コラムの記事一覧

異端の天才 金田喜稔の「超常識」

異端の天才 金田喜稔の「超常識」(後編) 2012.12.21

『破天荒に生きた名手からの叱咤激励』
型破りなプレーヤーとして、破天荒な時代を駆け抜けた金田喜稔氏は、日本の現状をどのように捉えているのだろうか? 「異端の天才」と呼ばれた男の持論を聞いた。

アンドレア・ピルロ 天才レジスタの「戦術眼」

アンドレア・ピルロ 天才レジスタの「戦術眼」(前編) 2012.12.21

『新生ユベントスを操るマエストロのプレービジョンを聞く』
ゲームの先を読み、長短のパスを自在に操る希代のレジスタが理想とするサッカーとはどのようなものか? また、そのプレー理論とはいかなるものなのか? 天才の戦術眼についてたっぷりと話を聞いた。翻訳:宮崎隆司

なぜ内田篤人は高卒1年目で鹿島のスタメンを勝ち取れたのか

なぜ内田篤人は高卒1年目で鹿島のスタメンを勝ち取れたのか? 2012.12.21

今週21日に発売される『フットボールサミット第10回――内田篤人が愛される理由。』の制作より、こぼれ話をひとつ。
本誌掲載の企画「鹿島アントラーズとの幸福な関係 ―内田篤人がいた4年半―」。

ファビオ・カペッロ「英国のフットボールはもはや、発祥地のそれにあらず」

ファビオ・カペッロ「英国のフットボールはもはや、発祥地のそれにあらず」(後編) 2012.12.21

『名将ファビオ様の視座』
元指揮官に問う母国のフットボールとプレミアリーグ。およそ4年間にわたりイングランド代表監督を務め、長く見続けてきたイングランドのフットボールについて、ファビオ・カペッロはどのように捉えているのだろうか。ロシア代表監督就任直後の氏に話を聞いた。翻訳:宮崎隆司

異端の天才 金田喜稔の「超常識」

異端の天才 金田喜稔の「超常識」(前編) 2012.12.20

『破天荒に生きた名手からの叱咤激励』
型破りなプレーヤーとして、破天荒な時代を駆け抜けた金田喜稔氏は、日本の現状をどのように捉えているのだろうか? 「異端の天才」と呼ばれた男の持論を聞いた。

ファン座談会!! ウッチーにハマる理由

ファン座談会!! ウッチーにハマる理由【フットボールサミット第10回】 2012.12.20

『フットボールサミット第10回――内田篤人が愛される理由。』が、いよいよ12月21日発売です!! 本誌では、内田選手の人気の秘密を探るために、ファン座談会を開催。その座談会の模様を一部お伝えしようと思います。ウッチーにハマった女性3人が、テンション高く語ります!

後半終了間際に2点を返し、ヴォルフスブルクが逆転に成功。仲間を祝福する長谷部

長谷部、細貝との日本人対決を制す【原田亮太フォトギャラリー】 2012.12.20

『ボルフスブルクが逆転で4回戦へ』
12月19日に行われたドイツ・カップ3回戦では、長谷部誠の所属するボルフスブルクと細貝萌の所属するレバークーゼンが対戦した。長谷部は右サイドハーフで、細貝は守備的MFで先発。共にフル出場を果たした。

「英国のフットボールはもはや、発祥地のそれにあらず」

ファビオ・カペッロ「英国のフットボールはもはや、発祥地のそれにあらず」(前編) 2012.12.20

『名将ファビオ様の視座』
元指揮官に問う母国のフットボールとプレミアリーグ。およそ4年間にわたりイングランド代表監督を務め、長く見続けてきたイングランドのフットボールについて、ファビオ・カペッロはどのように捉えているのだろうか。ロシア代表監督就任直後の氏に話を聞いた。翻訳:宮崎隆司

内田篤人の流儀―内田篤人が海外のクラブで成功を収めた理由

内田篤人の流儀―内田篤人が海外のクラブで成功を収めた理由(後編)【フットボールサミット第9回】 2012.12.19

『ドイツで貫く確固たるスタイル』
2010年、ブンデスリーガ・シャルケ04に加入し、3シーズン目を迎える内田篤人。彼が強豪クラブで培い、得たものとは何か。その軌跡を追うとともに、ドイツにおける内田の流儀に迫っていく。

内田欠場のシャルケはカップ戦敗退

内田欠場のシャルケはカップ戦敗退【原田亮太フォトギャラリー】 2012.12.19

『内田欠場のシャルケ、マインツに敗戦』
19日、ドイツカップの3回戦で、内田篤人が所属するシャルケはマインツと対戦した。先制点を許したシャルケは、フンテラールのゴールで一度は同点に追いつくものの、後半突き放されて3回戦で敗退となった。

新着記事

FChan TV

↑top