新着コラムの記事一覧

鈴木政一監督率いるU-18日本代表を見る上で、必要な物差しとは?

鈴木政一監督率いるU-18日本代表を見る上で、必要な物差しとは? 2013.04.06

3大会連続でW-20ワールドカップ出場を逃している日本。2015年のU-20W杯出場を目指し、U-18代表監督にジュビロ磐田で黄金期を築いた鈴木政一氏が就任した。鈴木監督の目指すチーム作りと、アンダーカテゴリ代表に求められる役割に迫る。

『決定力不足』という言い訳にサヨナラを

『決定力不足』という言い訳にサヨナラを ~決定力を個人技頼みにしないための戦術的アプローチ~(後編) 2013.04.06

日本代表が試合で無得点に終わると、「決定力不足」「決定力のある選手がいない」などと報道されることが多い。長年言われ続けている問題だが、未だ解消されることはない。これを解決するには、その要因を分析し、そして克服する手段としての戦術にアプローチする必要がある。

得点ランクトップを走る豊田陽平。彼が得点を量産できる要因に迫る

J1の得点ランクトップを走る豊田陽平。得点を積み重ねられる理由と未来像 2013.04.05

第4節の磐田戦でハットトリックを達成して得点ランキングのトップに立った鳥栖のFW豊田陽平。鳥栖に加入した2010年に13得点、2年目には23得点を挙げてJ2得点王に輝くと同時にクラブを初のJ1へと押し上げた。さらに自身3年ぶりとなった昨シーズンは、得点ランキング2位となる19得点を挙げてベストイレブンに輝いた。彼はなぜコンスタントにゴールを積み重ねられるのか。

バルサを苦しめたビルバオのサッカーはいかにして生み出されたのか

バルサを苦しめたビルバオのサッカーはいかにして生み出されたのか(前編) 2013.04.05

昨季のリーガ・エスパニョーラでベストゲームにもあげられたアスレティック・ビルバオ対バルセロナ。バルサに正面から立ち向かい、互角に渡り合ったサッカーはいかにして生み出されたのか。鬼才マルセロ・ビエルサのトレーニングを取材した2人のジャーナリストが対談した『欧州サッカー批評07』より一部加筆して掲載する。構成:澤山大輔 進行:植田路生

『決定力不足』という言い訳にサヨナラを ~決定力を個人技頼みにしないための戦術的アプローチ~

『決定力不足』という言い訳にサヨナラを ~決定力を個人技頼みにしないための戦術的アプローチ~(前編) 2013.04.05

日本代表が試合で無得点に終わると、「決定力不足」「決定力のある選手がいない」などと報道されることが多い。長年言われ続けている問題だが、未だ解消されることはない。これを解決するには、その要因を分析し、そして克服する手段としての戦術にアプローチする必要がある。

ACL・全北現代に逆転負けを喫した浦和。見えてきた二つの課題

ACL・全北現代に逆転負けを喫した浦和。見えてきた二つの課題 2013.04.04

3日、埼玉スタジアムで行われたACL・浦和レッズ対全北現代の試合は、浦和が先制したものの後半に3失点し逆転負けを喫した。そこから見えてきた、二つの課題とは。

レアル・マドリーの“横綱相撲”を許した、ガラタサライのお粗末な戦略

レアル・マドリーに“横綱相撲”を許した、ガラタサライのお粗末な戦略 2013.04.04

3日にサンチャゴ・ベルナベウで行われたCL準々決勝1stレグ、レアル・マドリー対ガラタサライの試合は、レアルが3-0で完勝した。ガラタサライは真っ正面から勝負を挑んだが、格上に対する戦略としてはお粗末なものだった。

レアンドロに復調の兆し。ガンバは本来の強さを取り戻せるか【ガンバ大阪J1復帰への挑戦】

レアンドロに復調の兆し。ガンバは本来の強さを取り戻せるか【ガンバ大阪J1復帰への挑戦】 2013.04.04

圧倒的な戦力を有しながらJ2の舞台で苦戦が続くガンバ大阪。本来の力を発揮し、1年でのJ1復帰を実現させるためには、FWレアンドロの復調が必須となる。6節で得点をあげ、復調の兆しを見せるエースに迫った。

ベッカム起用に見る、PSG監督のバルサ対策

ベッカム起用に見る、PSG監督のバルサ対策 2013.04.03

チャンピオンズリーグ、ベスト8のパリ・サンジェルマン対バルセロナ。試合はPSGのホームで2-2の引き分けに終わった。PSGのアンチェロッティ監督はベッカムをスタメンに抜てきする。名将が採ったバルサ対策とは何か?

「日本人らしいサッカー」とは何か?

「日本人らしいサッカー」とは何か?(その4・南アW杯ベスト16とその先) 2013.04.03

オシム、岡田武史が目指した日本人らしいサッカーの先に何が見えたのか? そもそも日本人らしいサッカーとは何なのか? 今改めて問いたい。我々はどんなサッカーを求め、何を目指すのか、と。

新着記事

FChan TV

↑top