新着サッカーコラムの記事一覧

「全員がいてこそ」の勝利を喜ぶジェイ。最高の雰囲気での勝ち点3は「神様に感謝」

「全員がいてこそ」の勝利を喜ぶジェイ。最高の雰囲気での勝ち点3は「神様に感謝」 2015.04.26

ジュビロ磐田はJ2第9節でジェフユナイテッド市原・千葉と対戦し、2-0で勝利を収めた。順位表のトップに立つ両チームによる大一番で先制点を挙げ、勝利に大きく貢献したジェイは、勝ち点3とチームメイトの活躍を心の底から喜んでいる。

元マンチェスター・ユナイテッドのポール・スコールズ氏【写真:Getty Images】

ポール・スコールズ:アザールがメッシやロナウドに並ぶには得点への強い意識が必要だ 2015.04.26

チェルシーは26日、アウェイでアーセナルと対戦する。この一戦に勝利すれば5シーズンぶりのプレミアリーグ制覇に大きく近づくチェルシー。元マンチェスター・ユナイテッドのポール・スコールズ氏は、エデン・アザールの今季の活躍を称えている。以下、スコールズ氏のインタビュー全文である。

20150425_kagawa_getty

2戦連発の香川。信頼が深める連係、連動が生むゴール。ついに手に入れた揺るぎない自信 2015.04.26

2戦連続となるゴールで連勝に貢献した香川真司。そのプレーには自信がにじみ、チームの連係からは信頼関係を感じることができる。次戦、バイエルンとのカップ戦準決勝へチームは上昇気流に乗る。

20150425_honda_getty

補強失敗、無策のミラン。DF、中盤、前線全てで機能せず。その存在感は今や“スモールクラブ”へ 2015.04.26

セリエA第32節、ミランはアウェイでウディネーゼと対戦して1-2で敗れた。決して難しい相手ではないはずのウディネーゼに対して、策を持たず良いところなく試合を終えたミラン。残り6戦、来季へ向けた光を見つけることができるのだろうか。

「イメージはメッシ」。自らに、チームに自信深める香川「苦しい時間を乗り越えたからこそ」

「イメージはメッシ」。自らに、チームに自信深める香川「苦しい時間を乗り越えたからこそ」 2015.04.26

ブンデスリーガ第30節、香川真司が所属するドルトムントはホームで長谷部誠が所属するフランクフルトと対戦して2-0と勝利。香川は32分にチーム2点目を決めるなど連勝に貢献。試合後、深まる自信を口にした。

指揮官が語る本田とスソの類似点。激化する右ウイングのポジション、先発の座を掴むのは?

指揮官が語る本田とスソの類似点。激化する右ウイングのポジション、先発の座を掴むのは? 2015.04.25

前節のミラノダービーではインテルとスコアレスドローに終わったミラン。今節の相手は15位ウディネーゼだ。格下相手に3試合ぶりの勝ち点3が欲しいミランのフィリッポ・インザーギ監督は、この試合の先発について言及した。

20150419_kagawa_getty

「ELが義務」。香川VS長谷部、カギ握るマッチアップ。“あり得なくない”ゴールの予感 2015.04.25

ブンデスリーガ第30節、ドルトムントはホームでフランクフルトと対戦。先発が有力な香川真司は、1ゴールを決めたパーダーボルン戦同様のパフォーマンスが期待される。相手ボランチは長谷部誠。この日本人同士のマッチアップがカギを握る。

長友佑都に居場所はあるのか? 不透明なインテルの未来、覚悟を決めた左SBが受ける来季への“査定”

長友佑都に居場所はあるのか? 不透明なインテルの未来、覚悟を決めた左SBが受ける来季への“査定” 2015.04.25

インテルの日本代表DF長友佑都は30節のヴェローナ戦で負傷から復帰したものの、前節のミランとのダービーでも出場機会はなかった。副主将を務める長友だが、インテルでの未来は不透明なようだ。果たして来季に向けた居場所を見つけることはできるのだろうか?

【独占インタビュー】FIFA理事の座を狙うAFC副会長。彼が掲げるマニフェストとは?

【独占インタビュー】FIFA理事の座を狙うAFC副会長。彼が掲げるマニフェストとは? 2015.04.24

AFC副会長を務めるマレーシアのアブドラ・アフメド・シャー王子は、FIFA理事選に向けた3名の候補者の一人にノミネートしている。『フットボールチャンネルアジア』は、来週バーレーンで行われるAFC総会の投票を前に、シャー王子に話を聞いた。果たしてシャー王子とはどのような人物なのだろうか。

「クロップとトゥヘルの間」。残り最大7試合、ドルトムントそして香川が成すべき使命

「クロップとトゥヘルの間」。残り最大7試合、ドルトムントそして香川が成すべき使命 2015.04.24

来季からの監督交代が決定したドルトムント。しかし、ユルゲン・クロップ監督の下での戦いはまだ終わっていない。一時代を築いたクロップ体制の集大成となる最大7試合に向けてチームが成すべき使命とは。

新着記事

↑top