新着コラムの記事一覧

カレン・ロバート、大津祐樹が語る海外挑戦の意義

カレン・ロバート、大津祐樹が語る海外挑戦の意義 2013.06.01

日本人には馴染みが深いオランダのクラブ、VVVフェンロ。現在もカレン・ロバートと大津祐樹が所属している。彼らは海外リーグへ挑戦し、何が成長したのか? そしてチャレンジすることの意義をどのように捉えているのか?

“3-4-3”より重大な問題点。崩れつつあるザックジャパンの強化プラン

“3-4-3”より重大な問題点。崩れつつあるザックジャパンの強化プラン 2013.05.31

30日のブルガリア戦、2-0と完敗した日本代表。3-4-3の是非が大きな話題にのぼったが、そこだけが問題だろうか。この試合で浮き彫りになったザックジャパンの問題点とは?

ブルガリア戦。未だ機能しない3-4-3、本田不在時の迫力不足も解消されず【どこよりも早い日本代表採点】

ブルガリア戦。未だ機能しない3-4-3、本田不在時の迫力不足も解消されず【どこよりも早い日本代表採点】 2013.05.30

30日に行われたブルガリア戦、日本代表は2-0と敗れた。3-4-3を試行し、新たな可能性を探ったザックジャパンだが、機能していたとは言えず、課題を多く残す結果となった。

なぜ今、3-4-3なのか?【ブラジルまでの果てなき航路】

なぜ今、3-4-3なのか?【ブラジルまでの果てなき航路】 2013.05.30

今日行われる親善試合ブルガリア戦で、ザッケローニ監督は[3-4-3]を試行することを示唆した。何度か挑戦するも上手くいかず、棚上げされてきた感のあるフォーメーションだが、なぜ今なのか?

20130522_hard

AKB商法を取り入れた日本サッカー改革論【李勇秀 編集部というお仕事】 2013.05.30

5月23日発売の書籍『Hard After Hard かつて絶望を味わったJリーガーたちの物語』から、一部を抜粋して紹介していきます。今回は、礒貝洋光への取材での一幕を掲載します!

20130530_higashi

代表初招集の東慶悟。ザックジャパンでトップ下を担える理由 2013.05.30

30日のブルガリア戦に向けて、FC東京の東慶悟が代表に初選出された。たしかに今季のパフォーマンスは高いが、サプライズ招集と言うこともできる。本田の代役との報道もあったが、なぜ東がザックジャパンのトップ下を担えるのか?

20130529_endo

首位浮上に貢献した今野と遠藤。代表戦士2人が得点で示した“ガンバの新たな顔” 2013.05.29

26日の愛媛FC戦。先制されながらも逆転勝ちを収めたガンバ大阪。ゴールをあげたのは奇しくも代表戦でこの試合を最後にチームを離れる今野と遠藤。二人の得点にはこれまでガンバに足りなかった新たな“顔”が見える。

リーグ戦復調の王者・広島。ACLを“捨てた”森保監督のマネジメントは正しかったのか?

リーグ戦復調の王者・広島。ACLを“捨てた”森保監督のマネジメントは正しかったのか?(後編) 2013.05.29

昨季の王者サンフレッチェ広島に復調の兆しが見える。ここ8試合で勝ち点16を積み上げ4位にまで順位を上げてきた。これには惨敗したACLが関係してくる。若手を積極的に起用し、「捨てたのか」と一部で批判も出た広島のACLでの戦い。果たして森保監督のマネジメントは正しかったのか?

20130529_nakamura

中村憲剛が語る日本代表への決意「本田がいないときにやってきた自負がある」 2013.05.29

川崎フロンターレを牽引する中村憲剛。一時期の不調を脱し、それと共にチームの成績も上向いた。そして、30日から始まる代表戦のメンバーにも招集。これから迎えるW杯予選、コンフェデへどのような決意を抱いているのか?

kagawa

緊急アンケート! 世界のカガワをプロデュース! 香川真司にイメチェンは必要か? 2013.05.28

はたして、香川選手は本当にイメチェンする必要があるのか? そこで編集部で作成したイメージイラストを参考に、みなさまの意見をぜひお聞きしたいと考えております。

新着記事

FChan TV

↑top