新着コラムの記事一覧

守備的な戦いにシフトしてトンネルを抜け出した清水。根本的な問題は解決されたのか?

守備的な戦いにシフトしてトンネルを抜け出した清水。根本的な問題は解決されたのか? 2013.04.15

昨年から公式戦12戦未勝利が続いていた清水は、第5節の鳥栖戦から守備的な戦いに大きくシフトして勝利を掴み、長いトンネルを抜けた。しかし、理想と大きくかけ離れたサッカースタイルであることも事実で、チームとしての根本的な問題解決は果たされたのか?

風間監督

低迷続く風間フロンターレ。勝利なき革命に未来はあるか? 2013.04.14

昨年途中から風間監督が就任し、新たなサッカースタイルの構築を進めている川崎フロンターレ。攻撃に主眼を置くそのスタイルは、ボールポゼッションこそ高まったものの結果に結びついていない。なぜ、川崎は勝利を得られないでいるのか。

これからのJクラブの経営モデル ~ハイブリッド型スポーツクラブの可能性~

これからのJクラブの経営モデル ~ハイブリッド型スポーツクラブの可能性~ 2013.04.14

2011年、J38クラブ中18クラブが赤字―― このような現状がある中で、Jクラブに新しい動きが生まれている。それが、株式会社と非営利法人の2つをバランスよく活用する、“ハイブリッド型スポーツクラブ”を目指す取り組みだ。行政書士の谷塚哲氏に考察していただいた。

未だ定まらぬザックジャパンの理想型。3-4-3復活の可能性も

未だ定まらぬザックジャパンの理想型。3-4-3復活の可能性も【ブラジルまでの果てなき航路】 2013.04.13

W杯まであと1年と少し。シリーズでお送りする第2回のテーマは「ザッケローニの手腕」。監督の色がまだはっきりとは見えていない代表だが、今後ザッケローニ監督はどう舵取りをしていくのか?

11人を12人に見せる超戦術! 異端者・安間貴義監督が富山で起こす日本サッカー革命 2013.04.13

今、日本で最先端の戦術は何か? その答えがもしかすると富山にあるかもしれない。異端の戦術家・安間貴義監督はカターレ富山で日本サッカーに革命を起こそうとしている。11人を12人に見せるという究極の戦術論に迫った。

イブラヒモビッチへのPSGの負担は年額39億円から77億円に!? 高額課税がもたらすリーグ1の弱体化

イブラヒモビッチへのPSGの負担は年額39億円から77億円に!? 高額課税がもたらすリーグ1の弱体化 2013.04.13

社会党政権の発足により新たに発表されたフランスの高額課税。100万ユーロを超える分に75%を課すもので、これが正式に施行されればクラブが税金も負担するパリ・サンジェルマンはイブラヒモビッチに年額77億円もの支払いをするハメになる。果たしてこの税制改正がフランスサッカー界にもたらすものとは。

CL抽選会。ベスト4は“決勝クラシコ”のためのマッチメークか?

CL抽選会。ベスト4は“決勝クラシコ”のためのマッチメークか? 2013.04.12

チャンピオンズリーグ・ベスト4の組み合わせ抽選会が行われた。ただ抽選会は本当に行われていたのか? マッチメークだと疑念を抱く筆者がUEFAの思惑について考察する。

サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ

A REVIEW OF FOOTBALL BOOKS サッカー版「ぼくの採点表」 第6回 『サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ』 2013.04.12

書評欄の失墜が叫ばれて久しい。読者を楽しませる芸もなければ信頼性もアヤシイ。本企画では新しく出されたサッカー本すべてを洞察し、採点していく。2012年1月24日から2月29日までの実用系以外のサッカー関連書をピックアップしていく。

覚醒した天才・柿谷曜一朗。“セレッソの8番”が背負うエースとしての使命

覚醒した天才・柿谷曜一朗。“セレッソの8番”が背負うエースとしての使命 2013.04.12

今季からセレッソ大阪の象徴である“8番”を背負った柿谷曜一朗。開幕から好調なプレーを継続し、チームの大きな力となっている。天才・柿谷が覚醒した理由に迫る。

バイエルンはなぜユベントスを圧倒できたのか? ドイツ王者の強さに迫る

バイエルンはなぜユベントスを圧倒できたのか? ドイツ王者の強さに迫る 2013.04.11

10日に行われたチャンピオンズリーグのベスト8、ユベントス対バイエルン・ミュンヘンの一戦は、アウェーのバイエルンが2-0で勝利した。イタリア王者を敵地で圧倒したドイツの巨人。優勝へ向けて突き進むバイエルンの強さに迫る。

新着記事

FChan TV

↑top