新着コラムの記事一覧

日本代表が世界で通用しないと決めつけるのは早計だ――。無視できない悪条件とは?

日本代表が世界で通用しないと決めつけるのは早計だ――。無視できない悪条件とは? 2013.06.17

0-3という惨敗に日本サッカーに対する悲観的なムードが漂う。しかし、無視できない要素もある。そこを考えずに「日本は通用しない」と結論づけるのは早すぎるのではないだろうか。

【ブラジル現地紙は日本代表評価】最高点は本田、岡崎への評価は厳しいものに

【ブラジル現地紙の日本代表評価】最高点は本田、岡崎への評価は厳しいものに 2013.06.17

15日に行われた日本対ブラジルを現地ブラジル・メディアはどう報じたのか? 大手2紙の評価をお届けする。

20130617_kazu

ブラジル時代のカズを追って ~サッカー王国での7年半を知る人々の回想録~(後編) 2013.06.17

15歳でブラジルへ渡った三浦知良。様々な困難に直面しながら現地で約7年半プレーを続け、サッカー王国も認めるトップレベルの選手に成長した。カズの原点であるブラジル時代とはどのようなものだったのか? 当時を知る人々の話をもとに振り返る。

元鹿島監督オリベイラ「ブラジルに勝利する可能性もあった。両国に大差はない。今こそヤマトダマシイを発揮しろ」

元鹿島監督オリベイラ「ブラジルに勝利する可能性もあった。両国に大差はない。今こそヤマトダマシイを発揮しろ」 2013.06.17

コンフェデ開幕戦、日本対ブラジルを識者はどう見たのか? 元鹿島監督にして現在はボタフォゴで指揮を執るオリベイラ監督。両国を熟知する智将が敗戦の要因を分析した。

【鼎談】池田弘(アルビレックス新潟会長)×村林裕(前FC東京社長)×広瀬一郎 『クラブ経営のあり方とJリーグの未来』(中編)

【鼎談】池田弘(アルビレックス新潟会長)×村林裕(前FC東京社長)×広瀬一郎 『クラブ経営のあり方とJリーグの未来』(中編) 2013.06.17

節目となる20シーズン目を迎えるJリーグ。未来に向かうためには、これまでの20年間と今のクラブ経営、リーグ運営を検証する必要がある。かつてJリーグ経営諮問委員会委員を務めた広瀬一郎氏、前FC東京社長・村林裕氏、アルビレックス新潟会長・池田弘氏を招き、Jリーグの課題と展望を探った。

日本はなぜスタイルを発揮できなかったのか? 低いボール支配率が生んだブラジル戦完敗劇

日本はなぜスタイルを発揮できなかったのか? 低いボール支配率が生んだブラジル戦完敗劇 2013.06.17

コンフェデ初戦を落とした日本。攻守で後手に回ってしまったが、1つのキーワードとして「ボール支配率」が上げられる。ポゼッション型のチームがなぜボール支配率が最低レベルだったのか。

20130512_tokyo

【鼎談】池田弘(アルビレックス新潟会長)×村林裕(前FC東京社長)×広瀬一郎 『クラブ経営のあり方とJリーグの未来』(前編) 2013.06.16

節目となる20シーズン目を迎えるJリーグ。未来に向かうためには、これまでの20年間と今のクラブ経営、リーグ運営を検証する必要がある。かつてJリーグ経営諮問委員会委員を務めた広瀬一郎氏、前FC東京社長・村林裕氏、アルビレックス新潟会長・池田弘氏を招き、Jリーグの課題と展望を探った。

20130616_nishiyama

ブラジル時代のカズを追って ~サッカー王国での7年半を知る人々の回想録~(中編) 2013.06.16

15歳でブラジルへ渡った三浦知良。様々な困難に直面しながら現地で約7年半プレーを続け、サッカー王国も認めるトップレベルの選手に成長した。カズの原点であるブラジル時代とはどのようなものだったのか? 当時を知る人々の話をもとに振り返る。

20130617_nishino_mtk

西野朗がブラジル戦を徹底分析「選手、戦術、采配、すべてが消極的だった」 2013.06.16

0-3と完敗したブラジル戦。エキスパートはどう見たのか? アトランタ五輪では“マイアミの奇跡”を起こしブラジルを撃破した西野朗氏に聞いた。

何もできず完敗したブラジル戦。なぜ日本は無力だったのか?【どこよりも早い日本代表採点】 2013.06.16

コンフェデレーションズカップの開幕戦となったブラジル対日本は3-0でブラジルが勝利した。日本はまったく良さが出せず、完敗と言っていい内容だった。なぜ日本は無力だったのか。

新着記事

↑top