新着コラムの記事一覧

横河武蔵野FCが選択した「Jリーグを目指さない」という“灰色の路”

横河武蔵野FCが選択した「Jリーグを目指さない」という“灰色の路”【サッカー批評 issue55】 2012.12.14

『街クラブから見るJFLの存在意義』
Jリーグを目指しはしないが、地域に根差した市民クラブであろうとする横河武蔵野FC。彼らは、Jリーグ入りを目指すJ準加盟クラブとその予備軍に囲まれたJFLにいまもとどまり、自らが生きる道を模索している。JFLのあり方が変わりつつある現在、この街クラブが投げかけるものとは何か?

城福浩『反骨心』

〔日本人、監督論〕城福浩『反骨心』【サッカー批評 issue58】 2012.12.14

『ヴァンフォーレ甲府はJ2天下取りを果たせるのか?』
今シーズンのヴァンフォーレ甲府は、これまでのジンクスをモノともしていない。クラブ創設13年目にして、初の開幕戦勝利、初の首位、初の6連勝といった快挙が続いている。批判や低評価をプラスのエネルギーに変換する指揮官・城福浩にチームマネジメントについて伺った。

独占インタビュー 西野朗

独占インタビュー 西野朗『超攻撃の美学、勝負師の哲学』(前編)【サッカー批評issue 56】 2012.12.14

『ガンバ・スタイルを築き上げた指揮官の回想』
昨季でガンバ大阪の監督を退任した西野朗氏。10年におよぶ長期政権の中で築き上げた勝負師としての哲学はいかなるものなのか。今だからこそ話せることがあるはずだ。氏を直撃した。

スペシャルインタビュー 宮間あや

スペシャルインタビュー・宮間あや(岡山湯郷ベル)【サッカー批評 issue57】 2012.12.12

『なでしこプレーメーカの知性と感性』
「見た人にも何かを感じてもらえたら」女子サッカー日本代表を牽引する“頭脳”は、ロンドン五輪にどのような価値を感じているのか。また大会にかける思いとは。宮間あやの胸中に迫った。

モリエンテスが説くリーガの勢力図

モリエンテスが説くリーガの勢力図【欧州サッカー批評 5】 2012.12.12

『スペインサッカー界の潮流を読む』
バルセロナとレアル・マドリーという二強が不動とも言える地位を確立しているリーガ・エスパニョーラ。スペインのサッカー全体を俯瞰して、見えてくる現状はどのようなものか? また課題とは何か?現役引退後に解説者となり、リーガをウォッチするフェルナンド・モリエンテスに話を聞いた。(翻訳:小澤一郎)

日本は「アジアのバルセロナ」を超えられるか?

〔アジアカップ総括〕日本は「アジアのバルセロナ」を超えられるか?【サッカー批評 issue50】 2012.12.12

『カタールで見えた日本のクオリティと課題』
サウジアラビア戦を除き、接戦に次ぐ接戦でアジアカップを制した日本代表。準備不足やコンディションの問題があるなかで最高の結果を残したことは称賛に値するが、まだまだ改善の余地はある。今大会で見えた日本のクオリティと課題を考察する。

日本代表のチーム作りに潜在する2つの難問

日本代表のチーム作りに潜在する2つの難問【サッカー批評 issue54】 2012.12.11

『ザッケローニのチーム設計が導き出す答えとは?』
一見順風満帆に見える日本代表だが、内包する課題も存在する。もしそれらの問題が表面化したときに何が起こるのか。2012年、新たなシーズンを前にそれらの難題を直視しておく必要がある。

「売国奴」と呼ばれて――。

「売国奴」と呼ばれて――。(前編)【サッカー批評 isuue59】 2012.12.11

『韓国五輪代表フィジカルコーチを務めた日本人、池田誠剛が語る「日韓戦の真実と葛藤」』
日本人で初めて韓国五輪代表のフィジカルコーチを務めた池田誠剛氏。「売国奴」「非国民」――ロンドン五輪の日韓戦後は様々な誤解もあり、一部の人から心ない誹謗中傷を受けた。彼はなぜ韓国に渡ったのか? そしてロンドンで去来した複雑な想いとは?あの日の舞台裏をいま、振り返る。

岡田武史の挑戦 日本人監督の可能性とは?

岡田武史の挑戦 日本人監督の可能性とは?【サッカー批評 issue58】 2012.12.11

日本人監督という括りの中で、実績からみて、岡田武史を超える監督はいない。Jリーグ2連覇、W杯ベスト16と輝かしい結果を残している。日本人監督の可能性を考えるうえでのヒントとして、岡田武史の特性を読み解いていく。

韓国サッカーはいかにして躍進したか。ホン・ミョンボ式リーダーシップ

韓国サッカーはいかにして躍進したか。ホン・ミョンボ式リーダーシップ【サッカー批評 issue58】 2012.12.11

『韓国と日本の良さを融合させて導き出したニュースタイル』
ロンドン五輪で、日本を圧倒した韓国。試合後の騒動により、かき消されてしまっているが、韓国の躍進にはホン・ミョンボ監督の手腕がある。絶大なるカリスマ監督は、いかにチームを導いていったのか。その秘訣に迫る。

新着記事

FChan TV

↑top