Home » 編集部フォーカス » Page 111

編集部フォーカス

あの胸スポンサーは何の企業? Jリーグ編【編集部フォーカス】

フットボールクラブの大きな収入源となっている、ユニフォームの胸スポンサー。単純に多くの人の目に触れるという広告価値はもちろん、熱心なファンは、自身がサポートするクラブのユニフォームに名前が印字された会社の商品を積極的に購入するということもある。今回は、Jリーグのなかから気になる胸スポンサー10社を紹介する。

20本中20本成功の選手も。J1通算PK得点ランキングトップ10【編集部フォーカス】

チームのなかで信頼のおかれた選手が担当する試合中のPK。ゴールまで12ヤードの距離からフリーでキックができ「決めて当然」と思われがちだが、これを成功させ続けることは決して簡単なものではない。今回は、PKによるJ1での通算得点ランキング上位10人を紹介する。

レスターは彼らに続けるか? 欧州各国リーグを制した“伏兵”5クラブ【編集部フォーカス】

思わぬクラブがリーグを制するというサクセスストーリーはときおり各国リーグで見られる。現在プレミアリーグで首位を走るレスターも、優勝クラブとして歴史に名を刻むことはできるだろうか。今回は、2000年以降にアウトサイダーとして欧州各国リーグを制した5クラブを紹介する。

長友を指揮した6人の監督。愛するインテルで掴み取った契約延長と最古参までの道のり【編集部フォーカス】

インテルは現地時間8日、今季限りで満了となる日本代表DF長友佑都との契約を2019年まで延長することを発表した。2011年1月にチェゼーナから加入した長友は来季でインテル在籍7シーズン目となり、チーム最古参となる。長友はこの6年間で6人の監督のもとでプレーしている。今回は、インテルで長友を指揮した監督たちを紹介しよう。

チェルシーに受け継がれるカルチョの系譜。“ブルーズ”を率いる5人のイタリア人監督たち【編集部フォーカス】

4月4日、2016-17シーズンよりアントニオ・コンテがチェルシーの指揮をとると発表された。過去にも名だたるイタリア人指揮官が同クラブを率いているが、今回は“ブルーズ”の監督となった“カルチョの国”の指導者5人を紹介する。

遠藤保仁のPKをセーブした5人のGK。日本が誇る「PKの名手」にも“天敵”が?【編集部フォーカス】

J1歴代最多PK成功数を誇る遠藤保仁。J1リーグでは34本蹴って30ゴール、PK成功率は88%とまさしく「PKの名手」だ。今回は、遠藤のPKをセーブしたJリーグのGK5人を紹介する。

他競技に転向した元サッカー選手6人。ゴルフ、フィギュアスケート、ブラジリアン柔術への挑戦も【編集部フォーカス】

3月13日、かつてガンバ大阪でプレーしJリーグMVPにも輝いたことのあるアラウージョが、アメリカンフットボールの選手として公式戦に出場した。抜群の運動神経を有しているプロフットボーラーは、他のスポーツでも優秀な選手になれるのだろうか。今回は、他競技に挑戦した元サッカー選手6人を紹介する。

岡崎慎司を語る上で欠かせない日本代表戦5試合。このゲームを知らずして、“日本最強FW”を語ることなかれ【編集部フォーカス】

3月29日、日本代表-シリア代表戦で岡崎慎司が国際Aマッチ通算100試合出場を達成した。2008年の代表デビュー以来、およそ8年半をかけて大記録を達成した岡崎へのオマージュとして、今回は岡崎慎司を語る上で知っておくべき国際Aマッチ5試合をピックアップする。(文:中山佑輔)

岡崎慎司が史上5人目! 国際Aマッチ通算100試合出場を達成した日本代表選手たち【編集部フォーカス】

3月29日、日本代表-シリア代表戦で岡崎慎司が国際Aマッチ通算100試合出場を達成した。2008年の代表デビュー以来、およそ8年半をかけて大記録を達成した岡崎へのオマージュとして、今回は国際Aマッチ100試合出場を達成した日本代表のレジェンドたちを紹介する。

オランダの伝説クライフ、あなたが知らない“14”のこと

オランダの伝説ヨハン・クライフ氏が24日バルセロナにて死去した。彼の美しいプレー、そして哲学は現代サッカー界に大きな影響を与えた。今回はそのクライフ氏の知られざる14つの事柄をご紹介する。(文:サムエル・スティーブン/インディペンデント、翻訳:Keiske Horie)

イタリア人記者が選ぶ、日本のサッカースタジアムベスト20【編集部フォーカス】

日本のサッカースタジアムに足繁く通うイタリア人記者のチェーザレ・ポレンギが、形状、ピッチとの距離、傾斜、屋根の有無、サポーターの盛り上がり、スタジアム周辺の環境などを考慮して、日本のサッカースタジアムベスト20を選出。今回は10位~1位を発表する。(ホームスタジアム使用クラブ、入場可能人数は、JリーグHPに準ずる)(選定:チェーザレ・ポレンギ)

あの胸スポンサーは何の企業? イタリア・セリエA編【編集部フォーカス】

フットボールクラブの大きな収入源となっている、ユニフォームの胸スポンサー。単純に多くの人の目に触れるという広告価値はもちろん、熱心なファンは、自身がサポートするクラブのユニフォームに名前が印字された会社の商品を積極的に購入するということもある。今回は、イタリア・セリエAのなかから気になる胸スポンサーを5つ紹介する。(文:Keiske Horie)

あの胸スポンサーは何の企業? ドイツ・ブンデスリーガ編【編集部フォーカス】

フットボールクラブの大きな収入源となっている、ユニフォームの胸スポンサー。単純に多くの人の目に触れるという広告価値はもちろん、熱心なファンは、自身がサポートするクラブのユニフォームに名前が印字された会社の商品を積極的に購入するということもある。今回は、ドイツ・ブンデスリーガのなかから気になる胸スポンサー5社を紹介する。

ハリルJ、新戦力の台頭は? メンバー入りが期待される5選手【編集部フォーカス】

3月のFIFAワールドカップ・アジア2次予選(アフガニスタン戦、シリア戦)に臨む日本代表。メンバー固定の弊害も指摘されているが、新戦力の台頭はあるだろうか。今回は、2015年7月以降日本代表に招集されていない(合宿は除く)選手のなかから、メンバー入りが期待される5人の選手を紹介する。

イタリア人記者が選ぶ、日本のサッカースタジアムベスト20、20位~11位編【編集部フォーカス】

日本のサッカースタジアムに足繁く通うイタリア人記者のチェーザレ・ポレンギが、形状、ピッチとの距離、傾斜、屋根の有無、サポーターの盛り上がり、スタジアム周辺の環境、個人的な体験などを考慮して、日本のサッカースタジアムベスト20を選出。今回は20位~11位を発表する。(ホームスタジアム使用クラブ、入場可能人数は、JリーグHPに準ずる)

新着記事

↑top