週刊J批評

U-23日本代表に入る可能性があるJリーグ組は? 東京五輪へサバイバル再開。1年で状況は変化、J2でも資格あり【週刊J批評】

来夏に延期された東京五輪に向け、U-23日本代表が再始動する。12月下旬に行われる合宿には、今季のJリーグで活躍した選手が参加することになりそうだ。久保建英、冨安健洋ら海外で活躍する選手も多い中で、本大会でメンバーに入るチャンスを掴むJリーガーはいるのか。候補となりうる選手を考える。(文:河治良幸)

ヴォルティスの再現性、アビスパの掌握力、V・ファーレンのバランス。J1昇格を争う3チームが持つ強みとは?【週刊J批評】

明治安田生命J2リーグも37節を消化した。2つの昇格枠を争う戦いは、実質的に徳島ヴォルティス、アビスパ福岡、V・ファーレン長崎の上位3チームに絞られている。それぞれのチームはどのようにして昇格争いを戦ってきたのか。終盤戦のメインキャストとなった3チームの特徴と強みを紐解く。(文:河治良幸)

ついにW杯の地でACL再開。マリノス、ヴィッセル、FC東京が挑む相手とは? キーマンや要注意人物は誰だ【週刊J批評】

新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・東地区のグループリーグが、ついにカタールで再開の時を迎えた。Jリーグ勢からはFC東京、ヴィッセル神戸、横浜F・マリノスの3チームが参戦。24日にFC東京が先陣を切る。そんな彼らが再開初戦で対戦するチームとは。また、キーマンや要注意人物とは誰なのか。(文:河治良幸)

日本代表にJリーグ組の居場所がない。進む10代の海外移籍、国内組に足りないのは…【週刊J批評】

日本代表は現地時間17日、オーストリア・グラーツで行われる国際親善試合でメキシコ代表と対戦する。今回のメキシコ代表は国内組が過半数を占めているのに対し、現在の日本代表は主力のほとんどが欧州組。ベルギーリーグ移籍が決まった斉藤光毅をはじめ、A代表を経験せずに海を渡る選手も多い。U-19日本代表を率いる影山雅永監督は、国内で選手を育てる環境を作るための議論が必要だという。(取材・文:河治良幸)

中村憲剛、鮮明に思い出す4年前の出来事。川崎Fと日本の強化に繋がる、サッカーを“言葉”にすることの意味【週刊J批評】

川崎フロンターレ一筋のキャリアを歩んできたMF中村憲剛が、1日に今シーズン限りで現役引退することを発表。突然の知らせに、驚きを隠せなかった人も多いのではないだろうか。そんな中村だが、選手キャリアの中で大事にしてきたことがあった。それは、大好きなサッカーを“言葉にする”ということだ。(取材・文:河治良幸)

ガンバ大阪が止まらない。J1屈指のタレント力で勝ち点大稼ぎ、盤石ではないが強いその理由は?【週刊J批評】

宮本恒靖監督率いるガンバ大阪が好調だ。現在、明治安田生命J1リーグでは引き分けを挟んで7連勝中と勝ち点を次々と稼いでいる。試合内容で相手を大きく上回っているわけではないにもかかわらず、なぜガンバ大阪は白星を奪い続けることができるのだろうか。(文:河治良幸)

日本代表に推したいJリーガー有力候補たち。3バック導入で浮上、汎用性の高い実力者たち【週刊J批評】

日本代表は現地時間13日にコートジボワール代表と対戦するが、今回は社会情勢を鑑みて、Jリーグの選手は選ばれていない。ただ今後、3バックを本格的に導入すると見られている日本代表で、数名のJリーガーが有力候補として浮上するだろう。(取材・文:河治良幸)

アビスパ福岡はなぜ勝ち続けるのか? 今季も“魔境”のJ2、9連勝で17位から2位へ急浮上の理由【週刊J批評】

明治安田生命J2リーグは例年と同様、激しい昇格争いが繰り広げられている。アビスパ福岡は3連敗を喫するなど、苦しい序盤戦を過ごしたが、クラブ史上初の9連勝で昇格圏の2位に浮上した。快進撃の理由はどこにあるのだろうか。(文:河治良幸)

首位独走のフロンターレに刺客は現れるか? セレッソ、グランパス、FC東京、アントラーズ、後半戦の注目は…【週刊J批評】

明治安田生命J1リーグは第17節が終了し、多くのクラブが全日程の半分を消化した。順位表では川崎フロンターレが首位をひた走り、セレッソ大阪やFC東京、鹿島アントラーズや試合消化が少ない名古屋グランパスが続いている。引き続き過密日程で行われる後半戦で、2位以下のチームは川崎Fの刺客となれるか。前半戦を振り返りつつ、後半戦のポイントを探る。(文:河治良幸)

いま、鹿島アントラーズが強い。選手を代えても変わらない戦術設計と落ちないクオリティ【週刊J批評】

大岩剛監督が昨季限りで退任し、新たにザーゴ監督を招聘した鹿島アントラーズは、開幕から苦しんだ。7節までは1勝しかできなかったものの、そこから持ち直して上位争いに顔を出している。今回は、5連勝を達成した清水エスパルス戦を例に、戦術がどのように機能しているのかを掘り下げる。(文:河治良幸)

川崎フロンターレのウイングが点を取るメカニズム。決定率は驚異の50%、三笘薫が驚異的なペースで得点を重ねる理由【週刊J批評】

明治安田生命J1リーグで首位を独走する川崎フロンターレは、15試合で44ゴールと、1試合平均で約3得点を決めている。強力な攻撃陣を擁するチームで、トップの得点数をたたき出しているのが、左ウイングを主戦場とする三笘薫だ。日本人選手トップの8得点をマークする大卒ルーキーは、どのような形からゴールを決めているのか。沖縄キャンプで語ったイメージを三笘が決めた8得点に重ねると、川崎の強さが浮き彫りになってくる。(取材・文:河治良幸)

浦和レッズ、レオナルドの危険性は分かっていても…。止めるのは至難の業、その理由とは?【週刊J批評】

今季から浦和レッズに加入したレオナルドは、8月29日の明治安田生命J1リーグ第13節、大分トリニータ戦で1点を奪い、リーグ戦得点数を「9」に伸ばした。3季連続の得点王獲得に向け視界は良好と言えるが、なぜブラジル人ストライカーはここまでゴールネットを揺らすことができるのか。(取材・文:河治良幸)

川崎フロンターレの連勝はなぜストップしたのか?「“悪くない”では勝てない」、無失点に封じた名古屋グランパスのプラン【週刊J批評】

明治安田生命J1リーグ、名古屋グランパス対川崎フロンターレが23日に行われ、1-0で名古屋が勝利を収めた。名古屋はいかにして、10連勝中だった川崎Fを倒したのか。ここ2試合で11得点を挙げていた川崎Fが無失点に封じられた理由に迫る。(取材・文:河治良幸)

セレッソ大阪は巧妙。なぜ勝ち点を積み上げられるのか。ロティーナ体制2年目の魅力を解説【週刊J批評】

セレッソ大阪が好調だ。現在はリーグ戦6試合負けなしで、首位・川崎フロンターレと勝ち点差「7」の2位につけている。ミゲル・アンヘル・ロティーナ体制2年目のチームは、なぜここまで安定してポイントを積み上げていけるのか。19日に行われる川崎Fとの天王山を前に、解説する。(文:河治良幸)

名古屋グランパスで暴れるウルトラマン。浦和レッズ戦で4得点、チームが掲げる「縦のビジョン」とは?【週刊J批評】

明治安田生命J1リーグ第9節、名古屋グランパス対浦和レッズが8日に行われ、6-2で名古屋が勝利した。この試合に先発した前田直輝は4得点の大暴れ。大勝の裏には、マッシモ・フィッカデンティ監督が標榜するスタイルが反映されていた。(取材・文:河治良幸)

新着記事

↑top