アジア大会

「キレイなサッカーだけじゃ勝てない」。韓国戦で力の差を痛感した鈴木武蔵。「アグレッシブに戦う意識を持たないと」

「キレイなサッカーだけじゃ勝てない」。韓国戦で力の差を痛感した鈴木武蔵。「アグレッシブに戦う意識を持たないと」

アジア大会準々決勝で開催国・韓国に敗れたU-21日本代表。この大会で通算5得点を挙げる活躍を見せた鈴木武蔵だが、韓国戦では力の差を痛感したという。

20140928_pak_getty

「ありがたい」「ラッキー」「生贄に過ぎない」。日韓戦を前に韓国メディアは圧倒的有利の論調。選手には大きな重圧も

韓国・仁川アジア大会に臨んでいるU-21日本代表は、準々決勝で韓国と対戦する。この“宿敵”との対戦を開催国・韓国のメディアも大きく取り上げているが、“韓国有利”の論調が目立つ。

U-21、韓国戦を前に4-3-3での戦い方が洗練。SBとウイングの守備がアンカー・遠藤を生かす

U-21日韓戦プレビュー。攻守にカギを握る岩波&植田のCBコンビ。絶対的アウェーで勝利を掴め!

韓国・仁川で行われているアジア大会。U-21日本代表は準々決勝で開催国の韓国と戦う。韓国は兵役免除がかかっていることもあってオーバーエージを3人起用するなどこの大会に人生をかけて臨んでいる。しかし、日本にとっても五輪予選に向けて負けるわけにはいかない大一番だ。

U-21、韓国戦を前に4-3-3での戦い方が洗練。SBとウイングの守備がアンカー・遠藤を生かす

U-21、韓国戦を前に4-3-3での戦い方が洗練。SBとウイングの守備がアンカー・遠藤を生かす

韓国・仁川で行われているアジア大会。U-21日本代表は、パレスチナを4-0で下して準々決勝進出。無失点で終えるなど、守備の整理が進んだことで攻撃にも相乗効果が生まれた収穫の多い勝利となった。

3試合4得点、U-21代表を牽引する鈴木武蔵。フィジカルだけでない、世界で通用するFWとしての資質

3試合4得点、U-21代表を牽引する鈴木武蔵。フィジカルだけでない、世界で通用するFWとしての資質

ネパールに快勝し、決勝トーナメント進出を決めた手倉森ジャパン。FWとしてチームを牽引するのが鈴木武蔵だ。ジャマイカ人の父を持つハーフである彼はフィジカル面に注目がいきがちだが、当然それだけではない。鈴木の持つストライカーとしての資質に迫る。

U-21日本代表、敗戦の中でも示されたアンカー遠藤航の可能性。新境地開拓が日本の財産に

U-21日本代表、敗戦の中でも示されたアンカー遠藤航の可能性。新境地開拓が日本の財産に

韓国・仁川で開催されているアジア大会。U-21日本代表は、1次リーグ第2戦でイラクに1-3と敗れたが、この試合でアンカーに起用された遠藤航(湘南ベルマーレ)は大きな可能性を示した。

新着記事

FChan TV

↑top