アスレティック・ビルバオ

0804Kubo_getty

久保建英、移籍の可能性をラ・リーガ全クラブで考察(3)。昇格カディスの補強ポイントと合致? 候補に挙がるEL出場クラブの動向は…

レアル・マドリードが保有する久保建英は今季、マジョルカでリーグ戦35試合に出場して4得点4アシストという結果を残した。EU圏外選手枠の関係もあり、20/21シーズンも他クラブに期限付き移籍する可能性が高いが、どのクラブでプレーすることになるのだろうか。今回は、20/21シーズンのラ・リーガ20クラブの今シーズンを考察するとともに、久保のライバルになるであろう選手や、加入の可能性を考える。(成績は19/20シーズン、監督は20/21シーズンのもの)

20200729_focus_getty

19/20ラ・リーガベストイレブン。足切断危機から復活の英雄、バルセロナからは…

3季ぶりとなるレアル・マドリードの優勝で幕を閉じた2019/20シーズンのラ・リーガ。今季も最後まで熱い戦いが繰り広げられたが、その中でどのような選手たちの輝きが目立っていたのか。今回はフットボールチャンネル編集部が選んだ2019/20シーズンのラ・リーガベストイレブンを紹介する。(市場価格は『transfermarkt』を参照)

サディオ・マネ

世界最速のスピードスターは誰だ! サッカー選手スピード能力値ランキング6位~10位。いきなり日本人選手が登場!(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は7月20日時点

レアル・マドリード

レアルが再び苦戦を強いられた理由。狙われたS・ラモス、それでも“要塞攻略”を果たせたのは…

ラ・リーガ第34節、アスレティック・ビルバオ対レアル・マドリードが現地時間5日に行われ、0-1でアウェイチームが勝利している。これでマドリーはリーグ戦再開後7戦7勝。その強さを支えているのは一体どこなのか。(文:小澤祐作)

0628Kubo_getty

久保建英はなぜ低調だったのか? ビルバオによる新たな守り方と孤立したマジョルカの右サイド

リーガエスパニョーラ第32節、アスレティック・ビルバオ対マジョルカが現地時間27日に行われ、3-1でビルバオが勝利を収めた。久保建英はこの試合にフル出場したが、チームはリーグ戦再開後これで5戦未勝利となった。リーグで3番目に少ない失点数を誇るビルバオは、他のチームとは異なるアプローチでマジョルカのキーマンである久保を封じている。(文:加藤健一)

新着記事

↑top