アダム・ララーナ

ロナウド フンメルス イブラヒモビッチ タディッチ

肉体美で女性を虜にする10人。勝手に査定!最高の“美BODY”を持つのは誰?【再掲】

ゴール後にユニホームを脱いで仲間たちと喜ぶ姿を密かに楽しみにしている女性ファンは多いはず。ただ、ユニホームを脱ぐ行為は反則となりイエローカードを提示されてしまう…。しかし、選手のユニホームの下にはカードを提示されてでも見せたい肉体美が隠されている!そこで今回は、ゴール後のパフォーマンスや試合後に見せた、美しく鍛え上げられた肉体、“美BODY”を持つ選手10人を紹介する。触り心地、ツヤ、ハリ、バランス等の観点から「美BODY度」をSからDの5段階で勝手に査定した(全て想像です)。最高ランクSの“美BODY”を持つ選手は果たして誰なのか?(2018年10月22日のものを再掲載)

0303Liverpool

リバプール、クロップ体制歴代フォーメーション。5年間でどう変化した? 世界一のチームができるまで

今季のリバプールはプレミアリーグで首位を独走し、30シーズンぶりのリーグ優勝は時間の問題となっている。2015年10月に監督に就任したユルゲン・クロップはリバプールをUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇へと導き、プレミアリーグで優勝できるチームへと育て上げた。今回フットボールチャンネルでは、クロップの監督就任から現在までの主要メンバーや基本システムを、シーズンごとに紹介する。

0801klopp_liverpool_getty

リバプールはつまずく危険度が高くなる!? クロップの「長期的な展望」に補強は必要ないのか【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

リバプールは昨季、UEFAチャンピオンズリーグ制覇を達成。一方で惜しくも昨季は優勝を逃したプレミアリーグの優勝を今季は求められているに違いない。しかし、移籍市場での大きな動きは見られず。プレミア開幕までの残された時間の中で、リバプールは「投資」を行う必要性はあるのだろうか。(文:粕谷秀樹)

新着記事

↑top