アデミウソン

宮本恒靖

G大阪、逆襲なるか。宮本監督が描く青写真。前任者の“負の遺産”を好転させるには?

ガンバ大阪は、宮本恒靖監督就任後初の勝利を手にした。それでも順位はいまだ降格圏内の17位。宮本監督のもと、チーム状態をあげることができるのか? その鍵は指揮官が「仙台戦の後」と口にした理由とは。(取材・文:藤江直人)

次はダービーを取材したいと意欲を語る

AKB48小嶋真子、日立台へ降臨! ファインダーから見た景色は? 新米記者の柏×G大阪取材記【編集部フォーカス】

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。メインMCを務める小嶋真子が日立柏サッカー場で行われたJ1第2節、柏レイソル対ガンバ大阪を取材。ピッチとスタンドが隣接するサッカー専用スタジアムでフォトグラファーを務めた小嶋がファインダーから見た景色とは?(試合取材:小嶋真子/取材・構成:海老沢純一)

丹羽大輝

G大阪・丹羽大輝が選出 “NIWA”バロンドール Jリーグ屈指のCBが選ぶ 2016年ベスト11&MVP【編集部フォーカス】

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。第34回は、ガンバ大阪で活躍するDF 丹羽大輝選手をゲストに迎えた。今回はNIWAバロンドールと題し、2016シーズンのJリーグベストイレブンと最優秀選手を丹羽選手に選出してもらった。DFとしての目線で、丹羽選手のみぞ知るあの選手の魅力をユーモアを交えて熱く語る。

アデミウソン

G大阪、新スタ元年は悔しい船出に。アデミウソン、井手口ら台頭も無冠でシーズン終える【2016年Jリーグ通信簿】

今シーズンのJ1も全日程が終了した。この1年を振り返り、各クラブはどのようなシーズンを送ったのだろうか。今回は、年間勝ち点4位のガンバ大阪を振り返る。

フットボールチャンネル編集部が選ぶ、2016J1リーグ新加入ベストイレブン

2016年J1新加入ベストイレブン。Fチャン編集部が選定、新天地で実力示した11人【編集部フォーカス】

チャンピオンシップが鹿島アントラーズの優勝で幕を閉じ、2016シーズンのJ1リーグは終了した。これまでの積み上げで健闘したチームもあれば、補強選手が活躍し好成績を残したチームもある。今回はフットボールチャンネル編集部が、期限付き移籍からの復帰選手を除いて、J1の今季新加入選手からベストイレブンを選出した。

井本

ライセンス・井本貴史さんが選ぶ『J1最強チーム』。“Jリーグ芸人”が厳選するイレブンとは?【編集部フォーカス】

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。お笑いコンビ『ライセンス』の井本貴史さんが、J1所属の選手から厳選される最強チーム“井本FC”を選出! お笑い界屈指の“Jリーグ芸人”は11人と監督に誰を選ぶのか?(選定:井本貴史/取材・文・構成:今関飛駒)

西川周作 東口昭順

浦和・西川とG大阪・東口、東西の日本代表GKが語るルヴァン杯決勝3つの分岐点

10月15日、埼玉スタジアムでルヴァンカップ決勝が開催され、PK戦で浦和レッズがガンバ大阪を下し、13年ぶりの同大会(以前はヤマザキナビスコカップ)制覇を果たした。120分で決着がつかない締まりのあるゲームとなったが、その要因の一つとして、浦和・西川とG大阪東口、両GKの働きが挙げられるだろう。試合後に2人が語った言葉から、同試合3つの分岐点を紐解く。(取材・文:舩木渉)

20160208_focus_eyecatch

J1新加入期待の11人。CL出場DF、現役日本代表など新天地での飛躍を狙う選手たち

Jリーグでは、今シーズンも多くの選手が新天地を活躍の舞台に選んだ。その中には現役日本代表選手もいれば、15-16シーズンのチャンピオンズリーグに出場していた選手もいる。今回は、新しいクラブでの活躍が期待される11人の選手を紹介する。

長谷川健太

G大阪、好タレント加入で戦力充実。新スタ元年、目指すは“ユベントス・モデル”か【2016補強診断】

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回はCSで準優勝したガンバ大阪を占う。

20160109_ade2_getty

【番記者の視点】G大阪、アデミウソン獲得の舞台裏。移籍の理由、シティは関与した?……真相に迫る

G大阪がアデミウソンを獲得した。昨季マリノスでプレーしたブラジル人FWの移籍はあまりに唐突で大きな話題を呼んだ。果たしてどのような舞台裏があったのか。移籍をスクープした番記者が真相に迫る。

新着記事

FChan TV

↑top