アドリアーノ

20200603_brazilfw_getty

ブラジル代表、歴代ストライカーの系譜。怪物に皇帝…ゴールに愛されたカナリア軍団のエースたち

ブラジル代表のストライカーといえば、誰もが思い浮かべるのは元祖“怪物”のロナウドだろう。大五郎カットでも注目を浴びた日韓ワールドカップでの活躍が象徴的だ。しかし、彼の時代が終わった後にも前線でゴールを決める最も重要な役割を任された名手たちがいる。今回は通算5度のワールドカップ優勝を誇るカナリア軍団のエースとして世界の舞台に立った名ストライカーたちの系譜を振り返る。(2020年6月掲載の記事を再編集したものです)

ラキティッチ

清武加入のセビージャでプレーした11人。ラキティッチ、S・ラモスら錚々たる名手たち【編集部フォーカス】

2016-17シーズンより、日本代表MF清武弘嗣の加入が決まったセビージャ。選手を引き抜かれながらも的確な補強でEL3連覇を果たすなど、強豪クラブとしての地位を保ち続けている。今回は2000年以降にセビージャでプレーした数多くの名選手のうち11人を紹介する。

【今週のバルサとレアル】バルサに4人目の脱税疑惑、C・ロナウドはゴールデンシュー受賞

【今週のバルサとレアル】バルサに4人目の脱税疑惑、C・ロナウドはゴールデンシュー受賞

スペイン・リーガエスパニョーラのバルセロナとレアル・マドリーは、欧州のビッグクラブの中でも特に世界中の注目を集めるクラブである。毎日のように様々な話題が持ち上がり、時には多くの議論を呼ぶこともある。この1週間で、彼らにはどんな話題があったのだろうか。

新着記事

↑top