アビスパ福岡

2015年 アビスパ福岡

J1昇格PO決勝戦激闘史。天国と地獄隔てる90分。過去4大会中2回が6位からの下剋上

11月27日の準決勝を経て、セレッソ大阪とファジアーノ岡山が決勝でぶつかることになったJ1昇格プレーオフ。残る1枠に滑り込むのはどちらになるだろうか。引き分けの場合は年間順位で上位につけたクラブが勝ち進むというレギュレーションで行われるこの大会では、これまで数多くのドラマが生まれてきた。今回は、これまでのプレーオフ決勝で繰り広げられてきた激戦を振り返る。

井原正巳 チョウ・キジェ

【英国人の視点】福岡と湘南、残留へ厳しい状況も監督を継続させるべき理由

J1も終盤戦に入り、残留争いも佳境を迎えている。アビスパ福岡と湘南ベルマーレは、数字上厳しい状況にある。勝ち点は伸ばせていないが、ピッチ内ではしっかりと戦えている。英国人記者は両クラブの監督が来季も継続的に指揮をとるべきと説く。両指揮官はどのようなビジョンを持っているのか。(取材・文:ショーン・キャロル)

カミンスキー

Jリーグを彩る外国人選手たち。ブラジル、韓国以外からやってきたJ1クラブ在籍選手10人【編集部フォーカス】

Jリーグにやってくる外国人はブラジルと韓国籍の選手が多い。しかし、目指す方向性や監督の要望に沿った補強を進めていく過程で、それ以外の国籍を持つ選手を獲得しているクラブもある。今回は、ブラジル人、韓国人以外で、J1クラブに在籍する外国籍選手を紹介する。

アビスパ福岡の城後寿

福岡、J1復帰後初勝利の舞台裏。存亡危機からの復活劇。“身の丈補強策”を生む経営会議

昇格組のアビスパ福岡が、待望のリーグ戦初勝利をあげた。FC東京の敵地に乗り込んだ4月29日のファーストステージ第9節。攻撃面でリスクを冒すためにシステムを「3‐4‐3」から「4‐4‐2」に変えて、そのうえで元日本代表主将の井原正巳監督のもとで徹底されてきた守備面のハードワークを全員が体現。スコアこそ1対0ながら、FC東京を内容で圧倒した90分間の背景にある要因を探った。(取材・文:藤江直人)

新着記事

↑top