アラン

サッカー中国代表 最新メンバー一覧【E-1サッカー選手権2022】

中国代表のチーム情報、最新選手一覧、ニュースは下記の通り

世界最大の暴落は誰? サッカー選手市場価値下落ランキング26~30位。アーセナルの“100億円男”は期待を裏切り…

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなったサッカー界で、2020年に最も市場価値を下げたのは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値下落額ランキングを紹介する。※2020年1月1日と現在の市場価格を比較。数字は12月21日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

エバートンって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? ハメス・ロドリゲスとエースの華麗なる活躍と脇を固めるバイプレーヤーたち

昨季は下位に沈む時期もあったが、今季は開幕4連勝で一時は首位に立ったエバートン。ハメス・ロドリゲスだけでなく、アラン、アブドゥライェ・ドゥクレといった実力者を迎え入れ、カルロ・アンチェロッティ監督は彼らを活かすスタイルを作り上げている。そこで今回は、エバートンの現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(成績は2020年11月23日現在)。

エバートン、Aランク補強で大躍進。ハメス・ロドリゲス復活、FW陣も絶好調だが…【欧州主要クラブ補強診断(6)】

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季のプレミアリーグを12位で終えたエバートンの補強動向を読み解く。

欧州各国クラブ、主要移籍まとめ。新天地を求めた選手の能力値を紹介、今回はこの5人(12)

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はティモシー・カスターニュ、ディエゴ・ジョレンテ、セルヒオ・レギロン、オリー・ワトキンス、アランの5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

エバートン、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。新加入ハメスが低迷脱出の切り札に

昨季のエバートンは一度崩壊した。2年目を迎えたマルコ・シウバ体制で結果が出ず、一時は降格圏に沈むほど。年末に監督交代に踏み切り、後任のカルロ・アンチェロッティ監督のもとで再起を図った。すると後半戦はパフォーマンスが著しく向上したが、遅れを取り戻すには至らず12位に終わった。今季はハメス・ロドリゲスらをピンポイントで補強し、捲土重来を期す。そこで今回は、20/21シーズンのレギュラー定着が予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

ハメス・ロドリゲスがすごい。ついに確保した居場所。今季のエバートンは見ておいて損はない

プレミアリーグ第1節、トッテナム対エバートンが現地時間13日に行われ、0-1でアウェイチームが勝利している。カルロ・アンチェロッティ監督率いるチームは、新戦力が大活躍。その中でも今夏の目玉補強となったハメス・ロドリゲスのパフォーマンスは、目を見張るものがあった。(文:小澤祐作)

リバプール、まさかの敗退も…? なぜナポリに苦戦を強いられたのか。厄介な存在になった働き屋

チャンピオンズリーグ・グループリーグE組第5節、リバプール対ナポリが現地時間27日に行われ、1-1のドローに終わっている。苦手とするナポリにまたも勝利することができなかったリバプール。グループリーグ突破もやや厳しい状況にあるが、なぜここまでの苦戦を強いられてしまったのか。(文:小澤祐作)

世界のトッププレイヤー能力値ランキング。こいつは誰だ!?謎の男2人がランクイン!Fチャン編集部が選定(56位〜60位)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

アーセナルはなぜナポリに圧倒的な完勝を収めたのか? 徹底的に突いた弱点、際立ったのは…

ヨーロッパリーグ準々決勝1stレグ、アーセナル対ナポリの一戦が現地時間11日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。90分間ナポリを圧倒し、完勝を収めたアーセナルは、攻守両面で相手の弱点を突いていたと言えるだろう。ただベスト4入りへ、まだ楽観視はできない。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top