アルジェリア

なんと36%がエリア外でのタッチ。データ上はセンターバックだったドイツ代表GKノイアー

なんと36%がエリア外でのタッチ。データ上はセンターバックだったドイツ代表GKノイアー

30日に行われたブラジル・ワールドカップ(W杯)16強で延長戦の末にアルジェリア代表に2-1で競り勝ったドイツ代表のGKマヌエル・ノイアーが、同試合でセンターバックを兼任していたことがデータで明らかとなった。1日の英メディアが報じた。

「ハラハラする勝利」。アルジェリア下したシュールレ&ノイアーを絶賛も準々決勝フランス戦へ危機感示すドイツ紙

「ハラハラする勝利」。アルジェリア下したシュールレ&ノイアーを絶賛も準々決勝フランス戦へ危機感示すドイツ紙

アルジェリアを延長戦で下してベスト8入りを果たしたドイツ。地元紙は決勝点を挙げたアンドレ・シュールレと積極的な飛び出しでピンチを凌いだマヌエル・ノイアーを絶賛。しかし、ビルトは準々決勝フランス戦へ危機感をあらわにした。

アルジェリアに苦戦もドイツが見せた強さとしなやかさ。流れを変えたレーブ采配“ラームのポジションチェンジ”

アルジェリアに苦戦もドイツが見せた強さとしなやかさ。流れを変えたレーブ采配“ラームのポジションチェンジ”

アルジェリアを延長戦の末、下したドイツ。苦しんだ試合をものにしたのはある監督の采配にあった。ボランチのラームを本来のポジションである右サイドバックへ。固執しない変幻自在のスタイルが勝利を呼び込んだ。

「諦めたら試合終了」を体現したアルジェリア。足がつっても体が動かなくても全力。敗戦の先に4年後を見据える

「諦めたら試合終了」を体現したアルジェリア。足がつっても体が動かなくても全力。敗戦の先に4年後を見据える

延長戦の末、ドイツに敗れたアルジェリア代表。序盤から全力で走り抜き、延長突入後には足をつりながらも諦めない姿勢で一矢を報いた。若手が揃うチームだけに4年後への期待も高まる。

敵は内にあり。アルジェリア戦へ慢心を警戒するドイツメディア。西ドイツ時代に2戦2敗も余裕漂う

敵は内にあり。アルジェリア戦へ慢心を警戒するドイツメディア。西ドイツ時代に2戦2敗も余裕漂う

日本時間7月1日午前5時にキックオフとなるドイツ対アルジェリア。ドイツメディアにアルジェリア代表を紹介する記事は見受けられず、余裕ともとれる空気が漂っている。

algeria

伸びしろでは32ヶ国でNO.1、強力攻撃陣擁するアルジェリア。W杯本大会で“化ける”可能性も

厳しいアフリカ予選を勝ち抜き、2大会連続でW杯出場権を手にしたアルジェリア。前評判は高くないが、攻撃陣にはタレントが多く侮れない存在だ。指揮官は欧州育ちの選手を積極的にチームに招集し、強化を図ってきた。伸びしろは最もある。本番で化ける可能性は大いにある。

新着記事

↑top