アルベルト・プッチ・オルトネダ

0313Homma_getty

「議論の余地がある」。新潟・本間至恩が2度目の退場、なぜスペイン人指揮官は判定に疑問を呈したのか?【英国人の視点】

明治安田生命J2リーグ第2節、アルビレックス新潟対V・ファーレン長崎が6日に行われ、1-0で新潟が勝利している。新潟は52分に先制したが、本間至恩はその直後に2枚目のイエローカードを受けて退場に。判定に値する愚行だったが、アルベルト・プッチ監督は「議論の余地があるカードだと思います」と疑問を呈している。(取材・文:ショーン・キャロル)

新着記事

↑top