アントニオ・カッサーノ

20200503_italyno10_getty

イタリア代表、背番号10の系譜。デル・ピエロも絶対的ではない? W杯で苦しんだ稀代のクラッキたち

イタリア代表は2018年ロシアワールドカップの出場を逃した。2010年と2014年は2大会連続でグループリーグ敗退に終わる屈辱を味わい、2006年ドイツ大会での優勝を境に栄光から遠ざかっている。その中で、チームの中心として期待された選手たちも苦しんできた。今回はイタリア代表が出場したワールドカップの直近5大会で背番号10を任された“クラッキ”(名手)たちの苦闘の系譜を振り返る。※所属クラブは大会前時点、年齢は初戦時点のもの

FA

Jクラブも獲得可能? 経験豊富なベテランからお騒がせ者まで…現在フリーの名手たち【編集部フォーカス】

 ヨーロッパの冬の移籍市場が閉幕した。しかし、そこで新たな所属先を見つけられずにフリーのままになっている選手たちもいる。もちろんそういった選手たちはJリーグのクラブも獲得することが可能だ。クラブレベルだけでなく代表でも実績十分な彼らは、どこへ向かうのだろうか。Jクラブも移籍金なしで契約可能な10人の名選手たちを紹介する。

新着記事

↑top