アントニー・マルシャル

フランス代表

サッカー フランス代表 最新メンバー一覧

フランス代表のチーム情報、最新選手一覧、ニュースは下記の通り

20210221_focus_getty

史上最高額移籍は誰だ? サッカー選手歴代移籍金ランキング51~55位。豚の頭が飛ぶ…! バルセロナを激怒させたフィーゴ登場

主に夏と冬の2回に渡って選手の移籍市場が開き、選手の移籍に伴って毎年のように巨額の移籍金が動いている。フットボールチャンネル編集部は、歴代選手における移籍金ランキングを作成し、上位に名を連ねる選手を紹介する。※移籍金はデータサイト『transfermarkt』を参照、金額は現在のレートで統一

0113Value61_70_getty

世界最高額は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング61~70位。35歳のC・ロナウド、FIFA年間MVPを受賞したエースが登場【2021最新版】

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いサッカー選手は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※成績は1月12日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

1221Mctominay_getty

6発マンU、復権へフィジカルモンスターの存在感。マクトミネイがチームの生命線である理由【分析コラム】

プレミアリーグ第14節、マンチェスター・ユナイテッド対リーズ・ユナイテッドが現地時間20日に行われ、6-2でユナイテッドが大勝した。開始3分で2ゴールを決めたスコット・マクトミネイは攻守に奮闘。攻撃面でも高いクオリティを見せるアカデミー出身のマクトミネイは、ユナイテッド復権の旗頭になる素質を秘めている。(文:加藤健一)

ブルーノ・フェルナンデス

マンU、ブルーノ・フェルナンデスには脱帽した。一人で問題解決、45分間で残した驚異の数字【分析コラム】

プレミアリーグ第11節、ウェストハム対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間5日に行われ、1-3でアウェイチームが勝利している。セットプレーから先制弾を許すなど前半はかなり苦戦したユナイテッドだったが、後半は姿が一変。やはりあの男は止められなかった。(文:小澤祐作)

オーレ・グンナー・スールシャール

スールシャールは致命的なミスを犯した。PSG戦の交代策がマンチェスター・ユナイテッドの命取りに…【CL分析コラム】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節、マンチェスター・ユナイテッド対パリ・サンジェルマン(PSG)が現地時間2日に行われ、1-3でPSGが勝利した。グループHは最終節を残して3チームが勝ち点で並んだが、決勝トーナメント進出の行方を大きく左右しかねない出来事が試合終盤に起きた。(文:加藤健一)

アントニー・マルシャル

「マンU最強のFW」アントニー・マルシャル/サッカー選手名鑑(ポジション、背番号、移籍情報など)

サッカー選手名鑑:アントニー・マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド所属、フランス代表)のポジション、背番号、移籍情報、身長、体重、利き足などプロフィール、プレースタイル。※成績、市場価格、移籍情報は『transfermarkt』を参考

ブルーノ・フェルナンデス

マンU、見え始めた名門復活への希望。救世主ブルーノ・フェルナンデス躍動、18歳グリーンウッドも台頭【19/20シーズン総括(9)】

新型コロナウイルスという未曾有の脅威によって2度目の夏を迎えることになった、欧州の長い2019/20シーズンがようやく閉幕した。トラブルに見舞われ、新たな様式への適応も求められながら、タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な目標を掲げていた各クラブの戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はマンチェスター・ユナイテッドの1年を振り返る。(文:編集部)

イングランドCF1~20_200819_7

プレミアリーグ最高のストライカーは誰だ! サッカー選手CF能力値ランキング6位~10位。マンUのエースが登場!(19/20シーズン確定版)

世界各国から選手が集うイングランド・プレミアリーグで最高のストライカーは誰か? フットボールチャンネル編集部では、各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたプレミアリーグ所属選手のランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

ブルーノ・フェルナンデス

マンU、下馬評を覆せた3つの要因。2季ぶりのCL出場権獲得…怒涛の追い上げで14戦無敗

プレミアリーグ最終節が現地26日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドはレスター・シティを2-0で下し、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。一時は14位まで低迷した名門は、いかにして3位まで浮上することができたのか。その要因に迫る。(文:舩木渉)

新着記事

↑top