アントワーヌ・グリーズマン

リキ・プッチ

リキ・プッチこそバルセロナ唯一の希望。優勝戦線から後退、内部衝突で不協和音は広がるが…

現地6月30日にラ・リーガ第33節が行われ、バルセロナはアトレティコ・マドリーと2-2-で引き分けた。リオネル・メッシがキャリア通算700得点を達成してカメラに愛想を振りまいたが、チームは勝ち切れずに優勝争いからまた一歩後退してしまった。今、バルセロナで何が起こっているのか。そして復調と逆転への希望は、メッシではない次世代の選手へ託されるのだろうか。(文:舩木渉)

0624Griezmann_getty

バルセロナが直せない悪癖、それは…。2戦わずか1ゴール、優勝を阻む最大の足かせとは?

リーガエスパニョーラ第31節、バルセロナ対アスレティック・ビルバオが現地時間23日に行われ、1-0でバルセロナが勝利した。暫定で首位に立ったバルセロナは中断期間を挟んで5試合連続クリーンシート(無失点)をマークする一方で、ここ2試合で挙げたゴールはこの試合の1点のみ。かつては最強を誇った攻撃陣が、リーグ3連覇への障壁となるかもしれない。(文:加藤健一)

0619France2_getty

フランス代表メンバーを妄想! もしEUROが開催されていたら…豪華すぎる陣容も、怪我と不調に苦しむW杯優勝メンバーたち

今年行われる予定だったEURO2020は、非常に残念ながら、新型コロナウイルスの影響で延期となってしまった。ロシアワールドカップを制覇したフランス代表は前回大会の決勝で敗れており、雪辱を果たすつもりだったに違いない。そこで今回は、もしEURO2020が行われていたら、フランス代表メンバーはどんな面々となっていたのかを予想する。

20200501_focus_getty

世界最高のストライカーは誰だ! CF能力値ランキング6位~10位。イタリアで無双する男とは?(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20200406_focus_getty

世界のサッカー選手能力値ランキング16位~20位。ネイマールとポグバがなぜこの順位に?(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

0331BarcelonaMSN_getty

バルセロナ、5年間の歴代フォーメーション。ネイマール移籍、国内タイトルを寡占も、CLで起きた奇跡と悲劇

ここ11シーズンで8度のリーグ優勝を果たしているバルセロナは、欧州サッカーの盟主にふさわしいクラブの一つ。ただ、ここ最近を見ても、ネイマールやアンドレス・イニエスタの退団など多くの変化を経験している。今回フットボールチャンネルでは、バルセロナの過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介する。

新着記事

↑top