アントワーヌ・グリーズマン

【ダイジェスト】UEFA、EURO2016のベストイレブン発表! 優勝チームからCロナなど計4名選出

欧州サッカー連盟(UEFA)が11日、EURO2016のベストイレブンを発表した。

あの涙から2年…グリーズマンはフランスの伝説になれるか。立ちはだかるは2人の“赤い悪魔”

ついにEURO2016もクライマックスを迎えた。開催国フランスとポルトガルによる決勝は日本時間11日朝4時にキックオフとなる。優勝はアントワーヌ・グリーズマンに導かれたフランスか、はたまた徐々に本領を発揮しつつあるポルトガルか。全世界注目の一戦を占う。(文:舩木渉)

フランス、らしくない組織力。ドイツの攻撃封じた守備網。W杯王者相手に熟成された一体感

現地時間7日、EURO2016準決勝でドイツ代表との試合を迎えたフランス代表。マルセイユのヴェロドロームで行われた一戦で、開催国は相手にペースを握られながらも、グリーズマンの2ゴールにより2-0で勝利を収めた。2000年のEURO優勝を選手として経験したデシャン監督が率いられたレ・ブルーは、10日、サンドニで行われるポルトガルとの決勝戦に臨む。(文:中山佑輔)

フランス、カンテ復帰で4-3-3採用か。世界王者・ドイツとのリターンマッチへ

現地時間7日、フランスはEURO2016準決勝ドイツ戦を迎える。大会が進むにつれ軌道に乗ってきたレ・ブルー。4-3-3と4-2-3-1を併用し、戦い方の柔軟性を見せる開催国は、世界王者との一戦でブラジルW杯での借りを返すことはできるだろうか。(取材・文:小川由紀子【パリ】)

屈強なアイルランドを翻弄したグリーズマンのしなやかさ。フランスに勝利を呼び込んだジルーとの2つの連携

今大会のEUROホスト国フランスはベスト16でアイルランドと対戦した。前半開始早々にPKで先生を許したものの、結果的には2-1と勝利を収め、ベスト8へと駒を進めた。逆転勝ちを収めたポイントは前線で躍動した2人の選手の連携だった。(文:今関飛駒)

フランス、2大エース停滞も輝き放つ救世主パイエ。アイルランドとの“因縁の一戦”へ【現地レポート】

苦しみながらもEURO2016のグループステージを1位で突破した開催国フランス。登録メンバーに滑り込んだパイエ、カンテらが輝きを見せれば、初戦こそ状態が心配されたグリーズマンとポグバも調子を上げてきた。ホスト国優勝はなるか。レ・ブルーにかかる期待は大きい。(取材・文:小川由紀子【パリ】)

新着記事

↑top