アンドリュー・ロバートソン

20191231_eubest11_getty

2019年欧州ベストイレブンを選定。バルセロナから選出されたのは? 欧州王者リバプールの象徴も【編集部フォーカス】

EUROやコパ・アメリカ、東京五輪とビッグイベント目白押しの2020年が幕を開けた。令和元年となった2019年、サッカー界では多士済々のタレントたちがまばゆい輝きを放った。今回、フットボールチャンネル編集部では2019年を彩った11人の名手を、ヨーロッパ国籍の選手限定でピックアップ。一体、誰が名を連ねたのだろうか。

20191231_worldbest11_getty

2019年世界ベストイレブンを選定。日本から長谷部誠が選出! リバプール躍進の立役者たちも【編集部フォーカス】

令和元年となった2019年、サッカー界では多士済々のタレントたちがまばゆい輝きを放った。今回、フットボールチャンネル編集部では2019年を彩った11人の名手を世界中からピックアップ。一体、誰が名を連ねたのだろうか。

1220Minamino_getty

南野拓実はリバプールでどう活かされるか。最強SBとの相性は最高。信頼のステップは既にパス?

ザルツブルグに所属する日本代表FW南野拓実が19日、イングランドの強豪リバプールに加入するとクラブ公式が発表した。リバプールは昨季にチャンピオンズリーグに優勝しただけでなく、今季もリーグで一位につけるなど今もっとも勢いのあるチームだ。そんなリバプールで日本が誇るアタッカーはどのように自身の存在価値を示すのだろうか。(文:内藤秀明)

リバプール

南野拓実、リバプールで待つ新たな11人の仲間。サラーにマネにファン・ダイク…各ポジションがワールドクラス!【編集部フォーカス】

日本代表のMF南野拓実が今冬、オーストリアのザルツブルクからイングランドのリバプールに加入することが決まった。昨季のチャンピオンズリーグ王者である同クラブには、果たしてどのような選手がいるのだろうか。今回フットボールチャンネル編集部では、南野の新たな仲間となる11人を基本スタメンから紹介する(今季リーグ戦成績は12月20日時点のもの)。

1201Liverpool_getty

リバプール、破壊力を持つ「DF→DF」の得点。最終ラインが残す驚異のスタッツ、首位独走を止める方法は…

プレミアリーグ第14節、リバプール対ブライトンが現地11月30日に行われ、2-1でリバプールが勝利を収めた。ホームチームが挙げた2点はともにDFトレント・アレクサンダー=アーノルドが蹴ったセットプレーをDFフィルジル・ファン・ダイクが決めたもの。首位を独走するリバプールのDF陣は攻撃面で驚異的な数字を残している。(文:加藤健一)

%e3%82%b3%e3%82%b15%e4%ba%ba

世界のトッププレイヤー能力値ランキング31位~35位。心臓に影の功労者…強豪を支える真の勇者たち! Fチャン編集部が選定(2019/20シーズン版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

%e3%82%b3%e3%82%b15%e4%ba%ba

世界のトッププレイヤー能力値ランキング31位~50位。韓国が産んだアジア最高の選手もランクイン!

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

%e3%82%b3%e3%82%b15%e4%ba%ba

世界のトッププレイヤー能力値ランキング31位~40位。韓国が産んだアジア最高の選手もランクイン!

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

0923taa_robertson_getty

リバプール、チェルシー戦で見せた「飛び道具」の脅威。スタイルを捨てて勝ち切る王者の意地

プレミアリーグ第6節、チェルシー対リバプールが現地22日に行われ、リバプールが2-1で勝利し、開幕からの連勝を6に伸ばした。チャンスを多く作っていたのはチェルシーだったが、2つのセットプレーから得点が生まれたリバプールが勝利を収めている。ビッグマッチの勝負を分けたクオリティの差はどこにあったのだろうか。(文:加藤健一)

シーズンランキング

2018/19シーズン、ポジション別活躍度ランキング・SB編。リバプールから2名が選出! 果たしてトップは…(5位~1位)

フットボールチャンネル編集部が、2018/19シーズンのポジション別活躍度ランキングを選定。今回はサイドバック(SB)の5位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

新着記事

↑top