アンドレア・ピルロ

クリスティアーノ・ロナウド

ユベントス、C・ロナウドがまるで「空気状態」に。戦犯扱いも仕方のない出来、敵将の工夫を前に撃沈【CL分析コラム】

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の2ndレグ、ユベントス対ポルトが現地時間9日に行われ、3-2でホームチームが勝利。2戦合計スコアは4-4となったが、アウェイゴールで上回ったポルトがベスト8へと駒を進めている。イタリア王者ユベントスはこれで2季連続のベスト16敗退。クリスティアーノ・ロナウドは期待を裏切ってしまった。(文:小澤祐作)

ユベントス

ユベントスは恥ずかしい試合をしてしまった。スタートダッシュに失敗、後悔すべき45分間の内容【CL分析コラム】

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の2ndレグ、ユベントス対ポルトが現地時間9日に行われ、3-2でホームチームが勝利。2戦合計スコアは4-4となったが、アウェイゴールで上回ったポルトがベスト8へと駒を進めている。イタリア王者ユベントスはこれで2季連続のベスト16敗退。一体何が。(文:小澤祐作)

ポルト

ポルトがユベントスを圧倒できた理由とは? C・ロナウドを無力化、指揮官が徹底的に植え付けた規律と精神力【CL分析コラム】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦1stレグが現地17日に行われ、ポルトが下馬評を覆してユベントスに2-1で勝利を収めた。スコア以上に両チームの試合内容には大きな差があった。ポルトがセリエA9連覇中の強豪を圧倒できたのはなぜだろうか。(文:舩木渉)

ぺぺ クリスティアーノ・ロナウド

ポルト対ユベントス、予想スタメン&プレビュー。クリスティアーノ・ロナウドにも苦手な相手がいた?【欧州CLラウンド16】

UEFAチャンピオンズリーグは決勝ラウンドに突入する。現地時間17日に行われるポルト対ユベントスはどのような試合になるだろうか。両クラブの現状や先発出場メンバーを占う。

アンドレア・ピルロ

ユベントス、ピルロは指揮官としても面白い。巧みだったゲーム運び、インテル戦での新たな試みとは【分析コラム】

コッパ・イタリア準決勝2ndレグ、ユベントス対インテルが現地時間9日に行われ、0-0のドロー。2戦合計スコアで2-1としたユベントスが決勝へと駒を進めることになった。アリアンツ・スタジアムでのゲームで得点は生まれなかったが、両指揮官の采配など、見どころは非常に多かった。(文:小澤祐作)

0205Milan_getty

ACミランの低迷はどのように始まったのか? 2人の頭脳の放出が転落のきっかけに【ACミランの黄金期(6)】

ACミランが今季は好調だ。120年以上の歴史を持ち、18度のセリエA優勝と7度の欧州制覇を誇るミランには、隆盛を極めた時代が何度もあった。ミランの黄金期を時代ごとに紹介する本連載の第6回は、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下で最後にスクデットを獲得(セリエA優勝)し、長きに渡って低迷した2010年代を中心に描く。(文:西部謙司)

0129Ancelotti_pirlo_getty

ピルロのアンカー起用は発明ではなかった? アンチェロッティが持つ職人的な感覚【ACミランの黄金期(5)】

ACミランが今季は好調だ。120年以上の歴史を持ち、18度のセリエA優勝と7度の欧州制覇を誇るミランには、隆盛を極めた時代が何度もあった。ミランの黄金期を時代ごとに紹介する本連載の第5回は、カルロ・アンチェロッティ監督の下で2度の欧州制覇を成し遂げた2000年代を振り返る。(文:西部謙司)

20210118_serieA_getty

インテルの23番が悪魔だった。絶対王者ユベントスが成す術なく完敗した要因とは?【分析コラム】

セリエA第18節、インテル対ユベントスが現地時間17日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。10連覇を目指すユベントスはこれ以上インテルとの勝ち点差を広げられるわけにはいかなかったが、成す術なく完敗を喫した。一体何が起きたのだろうか。(文:小澤祐作)

20210111_serieA_getty

「イタリアのペップ」はユベントスをどう苦しめたのか? 見逃し厳禁、好ゲームの全貌【分析コラム】

セリエA第17節、ユベントス対サッスオーロが現地時間10日に行われ、3-1でホームチームが勝利している。前半は激しい攻防と駆け引きがあり、サッスオーロに退場者が出て迎えた後半は意地と意地とのぶつかり合い。アリアンツ・スタジアムでは一瞬も目が離せない、好ゲームが繰り広げられていた。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top