アーロン・ワン=ビサカ

マンチェスター・ユナイテッド

マンU対ブライトンはあまりに残酷すぎた幕切れ…。MOMはゴールポスト、勝者はただただ運に恵まれただけ

プレミアリーグ第3節、ブライトン対マンチェスター・ユナイテッドが26日に行われ、2-3でアウェイチームが勝利している。今季初白星を手に入れたユナイテッドだが、内容は前節のクリスタル・パレス戦同様散々なものに。ただただ運に恵まれたと言わざるを得ない。(文:小澤祐作)

20200910_manU_getty

マンチェスター・ユナイテッド、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。多士済々の攻撃陣が嵐を巻き起こすか

マンチェスター・ユナイテッドは昨季、前半戦で躓きながらも後半戦で巻き返し、3位でリーグ戦をフィニッシュした。その立役者となったブルーノ・フェルナンデスやメイソン・グリーンウッド、マーカス・ラッシュフォードらは健在で、そこへドニー・ファン・デ・ベークという楽しみな選手も加わるなど、新シーズンへ向けての期待値は高い。今回は、プレミアリーグ開幕を前に、20/21シーズンのレギュラーが予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

EnglandSB15

プレミアリーグ最高のサイドバックは誰だ! サッカー選手SB能力値ランキング11位~15位。内田篤人の元同僚のアーセナルDFは…(19/20シーズン確定版)

世界各国から選手が集うイングランド・プレミアリーグで最高のサイドバックは誰か? フットボールチャンネル編集部では、各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたプレミアリーグ所属選手のランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

アーロン・ワン=ビサカ

「マンU復権の象徴」アーロン・ワン=ビサカ/サッカー選手名鑑(ポジション、背番号、移籍情報など)

サッカー選手名鑑:アーロン・ワン=ビサカ(マンチェスター・ユナイテッド所属、イングランド出身)のポジション、背番号、移籍情報、身長、体重、利き足などプロフィール、プレースタイル。※成績、市場価格、移籍情報は『transfermarkt』を参考

20200603_focus_getty

世界最高の右サイドバックは誰だ! RSB能力値ランキング11位~15位。マンUのスパイダーに工場勤務歴を持つ男も(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は4月1日時点

プレミアリーグ

プレミアリーグ、“リバプールを除く”今季ベストイレブンは? ピッチを彩った実力者たち【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、プレミアリーグは第29節(第28節)を終えた時点での中断を余儀なくされた。現在も再開できていない状況ではあるが、今回は今季ここまでの個人パフォーマンスを評価したベストイレブンを選定。ただし、プレミアリーグ制覇をほぼ手中に収めているリバプールの選手は対象外とした。(文:粕谷秀樹)

0309ManCity_getty

マンCに立ちふさがったマンU鉄壁のディフェンス。なぜスターリングは封じられ、アグエロは孤立したのか?

プレミアリーグ第29節、マンチェスター・ユナイテッド対マンチェスター・シティが現地時間8日に行われた。マンチェスター・ダービーを2-0で勝利したユナイテッドは、10シーズンぶりとなるシティ戦ダブル(2勝)を達成。ケビン・デブルイネをケガで欠き、ラヒーム・スターリングとセルヒオ・アグエロが封じられたシティは、公式戦6試合ぶりに無得点に終わっている。(文:加藤健一)

20200105_breakbest11_getty

2019年世界のブレイク若手ベストイレブンを選定。日本の至宝に120億円の神童、新世代のゴールマシーンも【編集部フォーカス】

EUROやコパ・アメリカ、東京五輪とビッグイベント目白押しの2020年が幕を開けた。令和元年となった2019年、サッカー界では多士済々のタレントたちがまばゆい輝きを放った。今回、フットボールチャンネル編集部では2019年にブレイクを果たした期待の若手選手11人をピックアップ。一体、誰が名を連ねたのだろうか。

マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドはトップ10で満足せよ。性急な若返りに低レベルの中盤争いに疑問【粕谷秀樹のプレミアリーグ補強診断(2)】

2019/20シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はプレミアリーグでおなじみの粕谷秀樹氏がマンチェスター・ユナイテッドの補強を読み解く。(文:粕谷秀樹)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU、ミス連発の要因とは? 長所と短所が混ざり合い失った勝ち点2

プレミアリーグ第2節、ウォルバーハンプトン対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間19日に行われている。試合はアウェイチームが主導権を握りながら進めるものの、ポグバがPKを失敗するなどし、1-1で終了している。このゲームではユナイテッドの長所と短所が同時に浮き彫りになったと言えるだろう。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top