イェンス・ケラー

シャルケからウニオン・ベルリンへの移籍が決まった内田篤人

内田篤人、U・ベルリンへ電撃移籍の感慨深さ。一般論で語れない感情の揺さぶり

現地時間21日、シャルケからドイツ2部のウニオン・ベルリンに移籍することが発表された内田篤人。かつてシャルケを率いていたイェンス・ケラーが監督を務めるクラブで復活が期待されるが、今回のベルリン行きは単なる出場機会を求めての移籍とは一線を画す。ルール地方では少なくない人々が惜別の念を抱いており、そのことは内田篤人がシャルケにとって特別な存在であったことを物語っている。(文:本田千尋【ドイツ】)

「多くの時間はない」。3戦勝ちなしのドルトムントに地元紙は不安視。「王者クラスを見せることが出来るだろうか?」

「多くの時間はない」。3戦勝ちなしのドルトムントに地元紙は不安視。「王者クラスを見せることが出来るだろうか?」

ドルトムントは、シャルケとのルール・ダービーを1-2で落とした。ここ3試合で1分け2敗と勝利の無い状況が続いており、地元紙はCLに向けて不安視する見方を強めた。

新着記事

FChan TV

↑top