イタリア代表

イタリア代表

イタリア代表メンバーって誰がいるの? 現在の主力は? 2017年の大失態を経て…再建に向け奮起する戦士たちとは

2006年のワールドカップ制覇以降、イタリア代表は低迷が続いている。2017年には、実に60年ぶりにW杯行きを逃す失態を犯してしまった。ただ、現在チームには若い選手が台頭してきており、ロベルト・マンチーニ監督は世代交代を進めつつ再建に向けて取り組んでいる。今回は、そんなイタリア代表の現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(代表成績は2019年11月18日のアルメニア代表戦終了時のもの)。

イタリア代表

サッカー イタリア代表 最新メンバー一覧

イタリア代表のチーム情報、最新選手一覧、ニュースは下記の通り

20200825_focus_getty

欧州各国クラブ、主要移籍まとめ。新天地を求めた選手の能力値を紹介、今回はこの5人(5)

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている(イタリアは9月より)。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はコスタス・ツィミカス、ピエール=エミール・ホイビュルク、エムレ・ジャン、ジャンルカ・マンチーニ、ペドリの5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

マウロ・イカルディ

欧州各国クラブ、主要移籍まとめ(3)。久保建英を新たに支える中盤とは?

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている(イタリアは9月より)。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はマウロ・イカルディ、ハキム・ツィエク、ニコロ・バレッラ、ジオバニ・ロ・チェルソ、フランシス・コクランの5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

ロメル・ルカク

セリエA最高のプレーヤーは誰だ! サッカー選手能力値ランキング11位~15位。バルセロナとレアルが狙う逸材登場(19/20シーズン確定版)

世界各国から選手が集うイタリア・セリエAで最高の選手は誰か? フットボールチャンネル編集部では、各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたセリエA所属選手のランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

テクニック1~20_200726_7

世界最高のファンタジスタは誰だ! サッカー選手テクニック能力値ランキング6位~10位。ロナウドを凌駕するペップの秘蔵っ子(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は7月26日時点 

テクニック1~20_200726_1

世界最高のファンタジスタは誰だ! サッカー選手テクニック能力値ランキング1位~5位。メッシとネイマール、頂点に立つのは?(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は7月26日時点 

ドリブラー1~20_200713_14

世界最高のドリブラーは誰だ! サッカー選手ドリブル能力値ランキング16位~20位。意外なポジションからの選出も(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は7月13日時点

新着記事

↑top