イブラ

0122Zaccheroni_getty

ACミランの迷走期にタイトルをもたらしたザッケローニ。名物会長の志向が補強失敗の理由に【ACミランの黄金期(4)】

ACミランが今季は好調だ。120年以上の歴史を持ち、18度のセリエA優勝と7度の欧州制覇を誇るミランには、隆盛を極めた時代が何度もあった。ミランの黄金期を時代ごとに紹介する本連載の第4回は、1990年代後半の低迷期に、アルベルト・ザッケローニ監督とタイトル奪還を描く。(文:西部謙司)

ズラタン・イブラヒモヴィッチ

やっぱりイブラヒモヴィッチは“神”だった。8戦12発で首位ミランをけん引、ライバル加入も大歓迎【分析コラム】

セリエA第18節が現地18日に行われ、ミランはカリアリに2-0で勝利を収めた。前半戦首位ターンは目前で、本格的にリーグ優勝を狙える位置につけている。そして約2ヶ月ぶりに先発したズラタン・イブラヒモヴィッチの存在は、タイトルレースを勝ち抜くうえで大きな役割を果たしそうだ。(文:舩木渉)

0115Milan_getty

ACミランの画期的な戦術をカバーした男とは? サッキからカペッロへ、黄金時代はいかにして築かれたのか【ACミランの黄金期(3)】

ACミランが今季は好調だ。120年以上の歴史を持ち、18度のセリエA優勝と7度の欧州制覇を誇るミランには、隆盛を極めた時代が何度もあった。ミランの黄金期を時代ごとに紹介する本連載の第3回は、画期的な戦術を導入したアリゴ・サッキ監督が指揮を執った1980年代後半から、ファビオ・カペッロ監督が「グランデ・ミラン」と呼ばれた黄金時代を築き上げた90年代にフォーカスする。(文:西部謙司)

ジャコモ・オルザール

ACミランの未来は明るい! またも現れた特別な才能とは? 憧れはカカ、似ているのは…【分析コラム】

コッパ・イタリア5回戦、ミラン対トリノが現地時間12日に行われ、PK戦の末ホームチームが勝利している。試合内容は決して褒められたものではなかったが、この日はまた新たにトップチームデビューを果たした選手が現れた。その人物とは?(文:小澤祐作)

ミラン

ミラン強し。その理由は? イブラヒモビッチ復帰、トリノを切り裂いたレアルからの贈り物たち【分析コラム】

セリエA第17節、ミラン対トリノが現地時間8日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。前節のユベントス戦で今季リーグ戦初黒星を喫したミランだが、そのショックを引きずることはなかった。元レアル・マドリード戦士の活躍が、勝利を引き寄せたと言えそうだ。(文:小澤祐作)

0107MilanJuventus_getty

ACミランに何があった? ユベントス戦で露呈した限界、生命線が致命傷に【分析コラム】

セリエA第16節、ACミラン対ユベントスが現地時間6日に行われ、1-3でユベントスが勝利した。多くの欠場者が出たミランは9連覇中の絶対王者を相手に今季初黒星を喫している。ミランは依然として首位をキープしているが、課題を露呈した試合となった。(文:加藤健一)

20210104_milan_getty

ACミランに帰ってきた頼れる男。イブラヒモビッチではなく…完封で示した存在感の大きさ【分析コラム】

セリエA第15節、ベネベント対ミランが現地時間3日に行われ、0-2でアウェイチームが勝利している。33分にサンドロ・トナーリが退場するなど厳しい状況に追い込まれたミランだったが、相手の猛攻をしのぎ何とか今季無敗を維持した。その中で活躍したのが、頼れるベテランDFだ。(文:小澤祐作)

ミラン

ACミラン、この強さは本物だ。1年前はアタランタに0-5、主力複数不在でも「負けないチーム」に【分析コラム】

セリエA第14節、ミラン対ラツィオが現地時間23日に行われ、3-2でホームチームが勝利している。2点リードから追いつかれ、ペースを握られるなど苦しんだミランだったが、後半ATにテオ・エルナンデスが値千金の決勝弾を奪い、首位で年越しを迎えることが確定した。ズラタン・イブラヒモビッチ不在でも勝てる。この強さは本物だ。(文:小澤祐作)

ミラン

ACミランで大爆発、両SBが救世主に。イブラヒモビッチでない男の働きが負のオーラを払拭した【分析コラム】

セリエA第11節、ミラン対パルマが現地時間13日に行われ、2-2のドローに終わっている。負傷者を出し、シュートがことごとくポストに嫌われるなど様々な意味で苦戦したミランだったが、テオ・エルナンデスが救世主となり今季リーグ戦無敗を維持した。苦しい試合をなんとか乗り切ったことで、再びミランの勢いは加速するかもしれない。(文:小澤祐作)

20201207_milan_getty

黄金期再び? ACミランが怖いほどに強い。サンプドリアを沈めた采配、そして生まれた数々の記録【分析コラム】

セリエA第10節、サンプドリア対ミランが現地時間6日に行われ、1-2でアウェイチームが勝利している。ミランは今季リーグ戦無敗を維持しており、首位の座もがっちりキープしている。再び黄金期が来たのかもしれない。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top