イングランドサッカー協会

アラダイス

アラダイス退任に見る監督人事の“深い闇”。おとり取材で暴かれた“愚行”とFAの過失【現地記者解説】

イングランド代表のサム・アラダイス監督は、『テレグラフ』紙のおとり取材によってその愚行を暴かれ、在任わずか67日で退任することとなった。それでは、アラダイス監督が犯した“愚行”と退任まで追い込んだ『テレグラフ』紙のおとり取材とは何なのだろうか。現地記者がその“深い闇”を解説する。(取材・文:山中忍【ロンドン】)

アラダイス

イングランド代表に“ビッグサム”は適任か。「究極の夢」を叶えた成果主義監督と復興への信念を曲げた協会

フランスで開催されたEUROではベスト16敗退となったイングランド代表は、ロイ・ホジソン前監督が退任し、新たなにサム・アラーダイス監督を招聘した。“ビッグサム”の愛称で親しまれるアラーダイス監督は、守備重視の戦術をとることでも知られている。これまでイングランドサッカー協会は代表復興方針を掲げていたが、アラーダイス監督はこれと対極する存在である。果たして、アラーダイス監督はイングランド代表監督として適任だったのだろうか。(取材・文:山中忍【ロンドン】)

川島永嗣

ビザ取得に時間がかかった川島永嗣。英国の労働許可証取得条件とは?【弁護士が解説します】

サッカーの世界ではピッチ内外で複雑な問題が発生する場合があります。サッカーのルールで解決することもありますが、法的な解釈が必要な場合も当然あります。専門家はどのように解釈するのでしょうか。弁護士の方々に優しく解説してもらいます。

グーグル辞書がトッテナムを嘲笑? 例文に「スパーズの怠けた守備」と記載

グーグル辞書がトッテナムを嘲笑? 例文に「スパーズの怠けた守備」と記載

世界で最も使用されているアメリカ大手の検索エンジン『グーグル』が使用するオックスフォード英語辞典が、ある単語の検索結果にプレミアリーグのトッテナムを嘲笑する例文を記載している事が明らかとなった。26日の英紙『インディペンデント』などが報じた。

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top