ウスマン・デンベレ

0402France_getty

U-24フランス代表が凄い! 東京五輪の注目選手5人。ムバッペがいなくても超豪華、アーセナルを戦力外になった男が主将に?

U-24フランス代表は、7月に開幕する東京五輪の出場権を獲得している。A代表が2018年のロシアワールドカップで優勝しており、U-24日本代表にとっても警戒しなければいけない相手だ。既にA代表でプレーする選手も多く、欧州主要リーグで活躍する選手たちでメンバー枠は埋まるかもしれない。そこで、今回は東京五輪への出場資格を持つU-24世代の5人を紹介する。

0304Dembele_getty

バルセロナは「不可能に近い」大逆転勝利をどう実現したのか?「すべてが変わった」男の躍動、セビージャ撃破の立役者に【分析コラム】

コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝2ndレグ、バルセロナ対セビージャが現地時間3日に行われ、3-0でバルセロナが勝利した。2戦合計スコアを3-2としたバルセロナは劇的な逆転勝利で決勝に進出。逆転の足掛かりとなったのは、2トップでプレーしたウスマン・デンベレだった。(文:加藤健一)

0228MessiDembele_getty

メッシが労働者に…! バルセロナの奇策とは? セビージャを撃破したクーマン監督の狙い【分析コラム】

ラ・リーガ第25節、セビージャ対バルセロナが現地時間27日に行われ、0-2でバルセロナが勝利を収めた。勝ち点差2だった両チームの対決で、リオネル・メッシは1得点1アシストの活躍。ロナルド・クーマン監督の奇策が、フレン・ロペテギ監督が作り上げた堅守を破った。(文:加藤健一)

0113Value81_90_getty

世界最高額は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング81~90位。兄弟で同じ価格に! 144億円だったデンベレは今…【2021最新版】

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いサッカー選手は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※成績は1月12日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

リオネル・メッシ アントワーヌ・グリーズマン

バルセロナ、ようやく見つけた最強の形。メッシ&グリーズマン躍動、取り戻した本来の姿【分析コラム】

ラ・リーガ第18節が現地9日に行われ、バルセロナはグラナダに4-0の快勝を収めた。リオネル・メッシとアントワーヌ・グリーズマンが2得点ずつを奪い、リーグ戦3連勝。ロナルド・クーマンは今のチームにとって最高の布陣を、ようやく見つけ出したようだ。(文:舩木渉)

1223ValueDecrease21-25_getty

世界最大の暴落は誰? サッカー選手市場価値下落ランキング21~25位。逮捕、遅刻、怪我…選手を襲う様々なトラブル

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなったサッカー界で、2020年に最も市場価値を下げたのは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値上昇額ランキングを紹介する。※2020年1月1日と現在の市場価格を比較。数字は12月22日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

1207deJong_getty

バルセロナは無策で何もできなかった。昇格組カディスがボール支配率18%で勝った方法は…【分析コラム】

ラ・リーガ第12節、カディス対バルセロナが現地時間5日に行われ、2-1でカディスが勝利した。バルセロナは82%のボール保持率をマークしながら、自滅のような形で昇格組のカディスに白星を献上した。今季5勝目を掴んだカディスは、レアル・マドリード戦に続くジャイアントキリングを達成。その勝利はもはや運とも偶然とも言えなくなっている。(文:加藤健一)

1029Dembele_getty

「メッシと同じ役割」。バルセロナが待ち望んだデンベレの躍動。ユベントス戦で見せた復活への期待【欧州CL】

UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節、ユベントス対バルセロナが現地時間28日に行われ、0-2でバルセロナが勝利を収めた。この試合に先発起用されたウスマン・デンベレは先制ゴールをマーク。アンス・ファティやペドリといった10代の選手たちが活躍する中、背水のシーズンを過ごすデンベレが躍動している。(文:加藤健一)

アンス・ファティ

バルセロナ、10代の逸材たちがすごい。アンス・ファティにペドリ…フェレンツバロシュに見せつけた格の違い

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第1節が現地20日に行われ、バルセロナがハンガリーのフェレンツバロシュを5-1で下した。ともに週末に重要なダービーマッチを控える状況で迎えた一戦は、どのような展開になったのだろうか。(文:舩木渉)

リオネル・メッシ

レアルもバルセロナも番狂わせの理由は…? 久々に猛威を振るうもう1つの“ウイルス”、浮き彫りになった両軍の課題

レアル・マドリードとバルセロナが、国際Aマッチウィーク明け最初の試合で揃って敗れた。前者は昇格組のカディスに、後者は1試合限定でクラブ名を変更したヘタフェに、ともに0-1で屈した。一体なぜ、このタイミングで番狂わせが起こったのだろうか。そして、敗戦から見えてきた2強の課題とは…。(文:舩木渉)

新着記事

↑top