ウルグアイ代表

20140625_daihyo2_getty

日本対ウルグアイ。新スタイルの意図は見えたが、攻守で課題。チームレベルとしてもゼロからのスタート【どこよりも早い採点】

9月5日、日本対ウルグアイの一戦が行われ、0対2で敗れた。アギーレジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

20140905_honda2_getty

アギーレジャパン、初陣はウルグアイに0-2の敗戦

ハビエル・アギーレ新監督が率いる日本代表は5日、札幌ドームでウルグアイと国際親善試合に臨んだ。アギーレ監督体制での初陣となったが、日本は0-2でウルグアイに敗れた。

ウルグアイ戦HT速報。1点ビハインドも皆川に好印象。失点招いた坂井は「かわいそう」

ウルグアイ戦HT速報。1点ビハインドも皆川に好印象。失点招いた坂井は「かわいそう」

ハビエル・アギーレ監督が新たに就任した日本代表が、ウルグアイ代表を相手に初陣に臨んでいる。

ウルグアイ戦プレビュー。アギーレサッカーのカギはインサイドハーフ。“テンションの高い親善試合”にも期待

ウルグアイ戦プレビュー。アギーレサッカーのカギはインサイドハーフ。“テンションの高い親善試合”にも期待

ついに初陣を迎えるハビエル・アギーレ監督。新たな指揮官は、このウルグアイ戦に4-3-3のシステムで臨むことを明言。カギを握るのは左右のインサイドハーフとなる。また、勝利を求める姿勢も強調。初戦からテンションの高い試合を期待できそうだ。

フォルランは代表引退を決めていた? ウルグアイ大使・二等書記官が語るウルグアイサッカー

フォルランは代表引退を決めていた? ウルグアイ大使・二等書記官が語るウルグアイサッカー

日本代表との試合に臨むメンバーにセレッソ大阪のディエゴ・フォルランは選ばれなかった。だが、フォルランは落選ではなく代表引退を決意していたのかもしれない。『フットボールサミット第24回 美しく危険な男フォルラン』ではウルグアイ大使館に直撃取材を敢行している。尚、この取材(7月10日に実施)で通訳を務めてくれたのは、アギーレ監督の通訳を務めることになる羽生直行氏である。

本物か。噛みつきスアレス、謹慎中はナイトクラブの門番に?

本物か。噛みつきスアレス、謹慎中はナイトクラブの門番に?

ブラジル・ワールドカップのグループステージ、イタリア戦で相手DFジョルジョ・キエッリーニに噛みつき、FIFA(国際サッカー連盟)から4ヵ月間の活動停止処分を受けたバルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、英ロンドンのケンジントンにある高級ナイトクラブで門番として仕事をする姿が話題となった。6日の英紙メトロが報じた。

fs24_hyo

フットボールサミット第24回

美しく危険な男 フォルラン
金獅子のフットボーラーは日本サッカーに何をもたらすのか?

マドリー、バルサ、アトレティコで計467億円。近年にない動きを見せる移籍市場。GK勢はW杯の活躍で明暗も

マドリー、バルサ、アトレティコで計467億円。近年にない動きを見せる移籍市場。GK勢はW杯の活躍で明暗も

活発な動きを見せている今シーズンの移籍市場。その中でもスペイン勢が顕著だ。バルセロナとレアル・マドリーは、1人の選手に100億円以上を費やしており、世界中の注目を集めている。

これぞ移籍市場名物、PSGが広告からカバーニを削除。移籍をクラブが承認か

これぞ移籍市場名物、PSGが広告からカバーニを削除。移籍をクラブが承認か

リーグアン王者のパリ・サンジェルマン(PSG)が、新シーズンのクラブ広告から移籍が噂されているウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの写真を削除した事が物議を醸している。29日の英メディアが報じた。

プライベートでも締め出されたスアレス。家の前でファンサービスをして時間潰し

プライベートでも締め出されたスアレス。家の前でファンサービスをして時間潰し

バルセロナへ新加入したウルグアイ代表FWルイス・スアレス(27)が17日、滞在先のバルセロナ郊外の家から締め出される珍事に見舞われた。

バルサ、スアレス獲得の背景。100億超えの移籍金捻出の理由と“噛み付き”によるさらなる波紋

バルサ、スアレス獲得の背景。100億超えの移籍金捻出の理由と“噛み付き”によるさらなる波紋

バルセロナが今夏の移籍の目玉としてリバプールからルイス・スアレスを獲得した。移籍金は100億円を超えているとされる。資金難のクラブはなぜ大金を捻出できたのか? そしてW杯での“噛み付き”事件がもたらすさらなる波紋とは?

英名門ケンブリッジ大学がW杯出場国に使用された人気ワードを発表。日本は「ボール保持」「期待外れ」「挫折」

英名門ケンブリッジ大学がW杯出場国に使用された人気ワードを発表。日本は「ボール保持」「期待外れ」「挫折」

英国の名門ケンブリッジ大学の研究チームが、ブラジル・ワールドカップ期間中に出場した32か国に最も使用された3つの人気ワードをそれぞれ発表した。

噛み付きスアレス、今度は猟奇殺人犯「人食いハンニバル」に

噛み付きスアレス、今度は猟奇殺人犯「人食いハンニバル」に

ブラジル・ワールドカップのグループD最終節で、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに噛みついたとしてFIFA(国際サッカー連盟)から9試合の代表戦出場停止と4カ月のサッカー活動禁止という処分を受けたウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、「人食いハンニバル」となって登場する動画が話題となっている。27日の英メディアが報じた。

ウルグアイ代表スアレス「噛みつき事件」を皮肉った動画が大反響。「笑いが止まらない」

ウルグアイ代表スアレス「噛みつき事件」を皮肉った動画が大反響。「笑いが止まらない」

英国のロンドンに住むアニメーター、ティモシー・マッコートさんが25日、前日に行われたブラジル・ワールドカップのグループD最終節で、ウルグアイのFWルイス・スアレスがイタリアのDFジョルジョ・キエッリーニの肩に噛みついた珍事を皮肉った動画が「面白すぎる」と話題になっている。

新着記事

↑top