ウーゴ・ヴィエイラ

20210104_jleagueexmarinos_getty

Jクラブも獲得可能? 現在フリーの名手5人(4)。元マリノス多数!? Jリーグで実績豊富な実力者たち

明治安田生命Jリーグは2020年シーズンが終わり、来月下旬の新シーズン開幕を前につかの間のオフを過ごしている。年明けとともに欧州各リーグの移籍市場が開く一方で、Jリーグの各クラブも新加入選手の獲得を着々と進めている。今回フットボールチャンネル編集部では、Jリーグのクラブも獲得可能な所属クラブが決まっていない選手5人をピックアップした(1月3日時点でフリーの選手が対象、市場価格は『Transfermarkt』を参照)。

ウーゴ・ヴィエイラ

ウーゴ・ヴィエイラ、札幌電撃加入の裏側。異例の移籍…マリノスで愛されたFWがJリーグに帰還

北海道コンサドーレ札幌は、シーズン終盤に差し掛かった10月末に新外国籍選手との契約に踏み切った。かつて横浜F・マリノスで活躍したウーゴ・ヴィエイラの獲得である。例年ならばほぼありえない、異例の移籍はいかにして実現したのだろうか。(取材・文:舩木渉)

伊藤翔 ウーゴ・ヴィエイラ

ウーゴ・ヴィエイラを奮い立たせた伊藤翔との絆。マリノスが掴んだ会心の勝ち点3、その要因

29日に行われた明治安田生命J1リーグ第28節で、横浜F・マリノスはベガルタ仙台に5-2の快勝を収めた。公式戦では今季5度目となる同カードは、お互いにとって終盤戦に向けて負けられない一戦。大量5得点を奪って連勝を飾ったホームチームの面々は、それぞれに強い思いをボールに乗せて戦っていた。(取材・文:舩木渉)

横浜F・マリノス

「マリノス内紛」は本当にあったのか? 指揮官の真意は選手批判にあらず

横浜F・マリノスは窮地に陥っている。16日に行われたJ1第26節の浦和レッズ戦に1-2で敗れると、監督は記者会見で声を荒らげ、ある選手からはその指揮官への不満が噴出した。残留争いが現実的なところに見えている中、苦境を乗り越える力はあるのだろうか。そしてチームの現状と、舵を切るべき方向とは…。(取材・文:舩木渉)

ウーゴ・ヴィエイラ

ウーゴ・ヴィエイラがゴールで示す愛情と絆、そして覚悟。マリノスが踏み出した逆襲への一歩

横浜F・マリノスは11日、明治安田生命J1リーグ第21節で湘南ベルマーレに1-0の勝利を収めた。3連敗中だったチームを救ったのは、2試合ぶりに先発出場したFWウーゴ・ヴィエイラ。この夏に移籍の可能性も浮上したエースストライカーは、ゴールという形で自らの覚悟を示した。(取材・文:舩木渉)

ウーゴ・ヴィエイラ ステバノヴィッチ

横浜で世界最恐ダービー再現!? Jリーグで主役となった外国人FWたちの知られざる因縁

明治安田生命J1リーグ第9節の横浜F・マリノス対湘南ベルマーレは、4-4という激戦になった。前半だけで両チーム合わせて7ゴールが乱れ飛ぶ一戦で主役となったのは、2人の外国人FWである。彼らにはJリーグ移籍前から続く興味深い繋がりがあった。(取材・文:舩木渉)

新着記事

↑top