エンゴロ・カンテ

プレミアリーグ

移籍総額463億円!16/17プレミアリーグ新加入ベストイレブン【編集部フォーカス】

今夏の移籍市場でも主役はプレミアリーグだった。リーグ総額11億6500万ポンド(約1580億円)を費やし、各クラブが戦力の補強を図った。世界最高金額となる移籍金で復帰をした選手、所属したクラブで強烈なインパクトを残してきた選手、イングランド期待の若手DFなど多くの選手がプレミアリーグに参戦。多くの選手の中から移籍総額463億円の11人を紹介する。

フランス代表のグリーズマン(左)とポグバ(右)

失意のEUROを経たフランス、W杯予選はドロー発進。ベンゼマのレ・ブルー復帰は?

自国開催のEUROでは決勝でポルトガルに敗れ、優勝を逃したフランス代表。失意を味わったレ・ブルーは、EUROから何人かの選手を入れ替え、2018ロシアW杯予選に挑んでいる。だが、初戦のベラルーシ戦では数多くのシュートを放ちながらスコアレスドローに。課題が露呈した試合となった。(文:小川由紀子)

レスター

レスターが払った奇跡の代償…岡崎も期待の新戦力とクラブの補強戦略が迎える第2章【現地レポート】

昨季はおとぎ話のような優勝を果たしたレスター・シティ。しかし、エンゴロ・カンテはチェルシーに移籍し、数々の有望選手を発掘してきたスカウト長のスティーブ・ウォルシュもエバートンに引き抜かれてしまった。奇跡の代償を払うことになったレスターは新戦力としてナンパリス・メンディを獲得しているが、日本代表の岡崎慎司も大きな期待を寄せている。ミラクルレスターは、間もなく開幕するプレミアリーグでどんな第2章を迎えるのだろうか。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top