オセール

フランスのオセールで40年以上にわたって監督を務めたギー・ルー

ボスマン判決という分岐点。40年以上オセールを率いた老将が語る、「選手の商品化」【特集:ボスマン判決、20年後の風景】

現在のフットボール界では、所属クラブとの契約満了まで6ヶ月未満となった選手は他クラブと自由に契約交渉ができ、EU域内であれば、EU加盟国の国籍をもつ選手は外国人枠から除外されるようになっている。この制度をもたらしたのが、ジャン=マルク・ボスマンが起こした裁判だ。今回は、ボスマン判決から20年が経過した今日、改めてこの「事件」と現代サッカーについて考え直すべく『フットボール批評issue10』(カンゼン)に抄訳で転載されたスペイン・パネンカ誌の特集企画を、3度にわたって全文掲載でお届けする。今回は、フランスサッカー界の生き字引的存在とも言えるギー・ルー氏の独白。40年以上にわたってオセールを率いた老将は、ボスマン判決がもたらした一大変化について、何を感じたのだろうか。(文:ハビエル・プリエト・サントス【フランス】/翻訳:江間慎一郎)

新着記事

↑top