オランダ代表

準決勝後、ロッカールームでアルゼンチン代表が集合写真を撮る。全員晴れやかな笑顔

準決勝後、ロッカールームでアルゼンチン代表が集合写真を撮る。全員晴れやかな笑顔

アルゼンチンがブラジル・ワールドカップ(W杯)の準決勝でオランダをPK戦の末に下し、ドイツとの決勝戦へ進出した。選手たちは勝利後の控室で集合写真を撮影し、それぞれのソーシャルメディアのアカウントに掲載した。

失望と達成感が交錯するオランダ。3位決定戦を選手・監督が批判「戦う気持ちない」「15年前から否定的」

失望と達成感が交錯するオランダ。3位決定戦を選手・監督が批判「戦う気持ちない」「15年前から否定的」

PK戦の末、準決勝のアルゼンチン戦に敗れたオランダ。惜敗に失望しながらも一定の達成感はあるようだ。試合後、ロッベンとファン・ハール監督は一様に3位決定戦に否定的な意見を述べた。

大量点より面白い0-0。大会前、守備を不安視されたアルゼンチンとオランダによる究極の守備合戦

大量点より面白い0-0。大会前、守備を不安視されたアルゼンチンとオランダによる究極の守備合戦

W杯準決勝の第2試合、オランダ対アルゼンチンは、0-0の末にPK戦をアルゼンチンが制した。ドイツがブラジルに歴史的大勝を収めた試合とは正反対の展開となったが、その第1試合を上回る見応えがあった。

期待感が急上昇のオランダ代表、国内では試合時間が社会問題に。虎視眈々の指揮官はPK戦も視野

期待感が急上昇のオランダ代表、国内では試合時間が社会問題に。虎視眈々の指揮官はPK戦も視野

開幕前とは一転、快進撃を続けるオランダ代表に国内での期待感は急上昇している。ファン、選手も優勝を意識している。その一方で国内では夜遅い時間のキックオフが問題になっている。それだけ注目度が高くなっているということだろう。

香川真司、早くもレギュラー落ちか。オランダ代表戦術をマンUがそのまま移植する可能性

香川真司、早くもレギュラー落ちか。オランダ代表戦術をマンUがそのまま移植する可能性

ブラジル・ワールドカップでオランダ代表を4強進出へと導いたルイス・ファン・ハール監督が、大会後から指揮を執るマンチェスター・ユナイテッドに同代表の戦術をそのまま移植することが明らかとなった。7日の英大衆紙ミラーが報じた。

23番目の選手の活躍、120分間脅威になるロッベン。“最高のグループ”になったオランダ、現地紙も賞賛

23番目の選手の活躍、120分間脅威になるロッベン。“最高のグループ”になったオランダ、現地紙も賞賛

苦しみながらもベスト4に進出したオランダ。コスタリカ戦で勝利をたぐり寄せたのは、23番目の選手だった第3GKのクルル。見事なPKストップで勝利に現地メディアも興奮気味だ。大会前は評価が高くなかったオランダ。今、チームのムードは最高潮だ。

20140706_naba

「伝説は永遠に生き続ける」。PK戦敗退もチームを讃えるコスタリカメディア。一方で指揮官続投は困難か

互角以上の戦いを見せながらPK戦の末にオランダに敗れたコスタリカ。コスタリカメディアは、素晴らしいパフォーマンスを見せて無敗のまま終戦を迎えたチームを讃えた。

低評価から一転、“優勝”を意識し出したオランダ。コスタリカを警戒、「初めて勝利への重圧受ける」との見方も

低評価から一転、“優勝”を意識し出したオランダ。コスタリカを警戒、「初めて勝利への重圧受ける」との見方も

ベスト8でコスタリカと対戦するオランダ。国内では優位との見方が広がっているが、当然警戒もしている。そしてプレッシャーを初めて受ける試合だと指摘する現地記者も。大会前の評価とは一転、オランダは優勝を意識している。

新着記事

↑top