オランダ代表

ファン・ペルシー8強攻略に向けての新技を開発か。浜辺で「ノールック・ビーチテニス」を楽しむ

ファン・ペルシー8強攻略に向けての新技を開発か。浜辺で「ノールック・ビーチテニス」を楽しむ

オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーが5日にサウバドルで行われるブラジル・ワールドカップ準々決勝のコスタリカ戦に向けて、助監督のパトリック・クライフェルト氏とビーチテニスを行った。2日の英メディアが報じた。

コロンビア、新星ハメスが人々の懐を潤すか

8強そろったW杯、賭け率から優勝国をシミュレート。各社ともブラジル有力。高額配当のコロンビア、新星ハメスが人々の懐を潤すか

ブラジルW杯もベスト8までが決定。ベスト4、決勝進出、優勝はどのチームになるのだろうか? 主なブックメーカーのオッズから今後の展開をシミュレートしてみる。

ファン・ペルシーのゴールに宇宙関連企業が感動。オランダ代表、W杯優勝で宇宙旅行

ファン・ペルシーのゴールに宇宙関連企業が感動。オランダ代表、W杯優勝で宇宙旅行

ブラジル・ワールドカップで8強進出を果たしたオランダ代表が今大会で優勝した場合、自国の航空宇宙関連会社「RuimtevaartbedrijfSXC」から「宇宙への旅」を贈呈されることが明らかとなった。28日の英メディアが報じた。

アーセナルのヴェンゲル監督がビーチサッカーで「ファンペルシイング」?

アーセナルのヴェンゲル監督がビーチサッカーで「ファンペルシイング」?

アーセナルのフランス人監督アーセン・ヴェンゲル氏が、ブラジル・ワールドカップのグループステージ初戦でマンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーがスペインを相手に決めたダイビングヘッドを再現したことが話題となっている。27日の英メディアが報じた。

イングランドメディアが選んだベストゴールセレブレーションは「コロンビアン・ダンス」!

イングランドメディアが選んだベストゴールセレブレーションは「コロンビアン・ダンス」!

ブラジル・ワールドカップのグループステージ全日程が終了したことを受け、英テレビ局のスカイスポーツは「ベストゴールセレブレーション」に、日本と同じグループCで3連勝して首位通過を決めたコロンビア代表を選出した。

20140623_robin_getty

オランダ代表の快進撃に感動した歌手がファンペルシーと監督の顔の刺青を背中に入れる!

ブラジル・ワールドカップ(W杯)でオランダ代表の快進撃に感動したオランダ人歌手のアンドレ・プロンクさんが、ルイス・ファンハール監督とFWロビン・ファン・ペルシーの顔の刺青を背中に入れたことが話題となった。

20140623_robin_getty

オランダ代表、エースのヘディングシュートがファンの中で大流行。ファンペルシーイング?

ブラジル・ワールドカップのB組初戦のスペイン代表戦でオランダ代表のFWロビン・ファンペルシー(30)が前半44分に決めた同点ゴールのヘディングシュートがファンの間で話題となっている。

マラドーナがW杯の企業CMで肘掛け椅子に。スペイン敗戦に落胆「モウリーニョは正しかった」

マラドーナがW杯の企業CMで肘掛け椅子に。スペイン敗戦に落胆「モウリーニョは正しかった」

アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏が、ブラジルW杯のCMで肘掛け椅子になって登場した。12日の英メディアが報じた。

スペイン、ウルグアイ、イタリアはなぜ敗れた? オランダ・コスタリカに見る番狂わせの法則

スペイン、ウルグアイ、イタリアはなぜ敗れた? オランダ・コスタリカに見る番狂わせの法則

W杯に必ず起こり得ること、それが番狂わせだ。大方の予想とは異なる結果が今大会でも起こっている。スペイン、ウルグアイ、イタリアはまさかの敗戦を喫した。なぜ番狂わせは起こったのか? オランダとコスタリカを戦術的に分析し、共通点を探った。

マンU新監督候補、ファン・ハール。ファーガソン帝国を壊す“劇薬”、香川とソリ合わない可能性も

マンU新監督候補、ファン・ハール。ファーガソン帝国を壊す“劇薬”、香川とソリ合わない可能性も

マンチェスター・ユナイテッドの新監督候補に挙げられているルイ・ファン・ハール監督。アヤックス、バルセロナ、バイエルン、オランダ代表と世界のトップチームを率いてきた名将と言われているが、その経歴は?

「世界との戦い」を止めよ――。柿谷のシュートミスに思う、「世界との差」の「世界」に覚える違和感

「世界との戦い」を止めよ――。柿谷のシュートミスに思う、「世界との差」の「世界」に覚える違和感

日本代表が強豪国と対戦する、または強豪国との差を考える上で度々使用される「世界との差」という言葉。この「世界」とは一体何であろうか? ドイツ在住記者が、柿谷曜一朗がオランダ戦でシュートミスしたことを引き合いに、「世界」という言葉へ覚えた違和感の深層に迫る。

日本代表ゴールキーパーの宿命か? サッカー都市伝説「GK背番号1はゴールを守れない」

日本代表ゴールキーパーの宿命か? サッカー都市伝説「GK背番号1はゴールを守れない」

オランダ代表とのテストマッチで、日本代表のゴールマウスを守ったのは川島永嗣ではなく西川周作だった。

新着記事

↑top