オレ・グンナー・スールシャール

0806Williams_getty

マンチェスター・ユナイテッドが抱える左サイドの問題。タイトル獲得へ乗り越えなければいけない壁とは?【EL】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッド対LASKリンツが現地時間5日に行われ、2-1で勝利したユナイテッドが準々決勝進出を決めた。先制点を許したユナイテッドはLASKのハイプレスに苦しむ時間帯もあったが、それ以上に目立った課題があった。ユナイテッドの左サイドはタイトル獲得を目指すチームにとって弱点になりかねない。(文:加藤健一)

0723ManUtd_getty

「マンUはどうしたものか…」プレミア早すぎる来季の展望。優勝争いをする条件は…【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

19/20シーズンのプレミアリーグは30季ぶりとなるリバプールの優勝で幕を閉じた。中断期間の影響で短いオフを経て、9月には新シーズンが開幕する。そこで、今回は早すぎるかもしれないが、来季のプレミアリーグの優勝争いの行方を占う。(文:粕谷秀樹)

ブルーノ・フェルナンデス

マンU、下馬評を覆せた3つの要因。2季ぶりのCL出場権獲得…怒涛の追い上げで14戦無敗

プレミアリーグ最終節が現地26日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドはレスター・シティを2-0で下し、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。一時は14位まで低迷した名門は、いかにして3位まで浮上することができたのか。その要因に迫る。(文:舩木渉)

0723ManUtd_getty

無策…マンチェスター・ユナイテッドは息切れ。失速の原因はスールシャール、残された解決策は

プレミアリーグ第37節、マンチェスター・ユナイテッド対ウェストハムが現地時間22日に行われ、1-1の引き分けに終わった。ユナイテッドは勝てば4位以内が決まる状況だったが、先制したウェストハムに追いつくのがやっとだった。ライバルがともに敗れたことで結果的に3位に浮上したが、最終節を前に不安材料は積もるばかりとなっている。(文:加藤健一)

新着記事

↑top