オーレ・グンナー・スールシャール

エディンソン・カバーニ

前回の屈辱的敗戦を経て…マンUが見せた別の顔。無得点でも世界屈指、カバーニが示した質【CL分析コラム】

チャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグH組第4節、マンチェスター・ユナイテッド対イスタンブール・バシャクシェヒルが現地時間24日に行われ、4-1でホームチームが勝利している。前回対戦時は1-2で敗れたユナイテッドだが、この試合ではまったく違った姿をみせ決勝トーナメント行きを近づけた。その中で躍動したのは、この日が移籍後初スタメンだったエディンソン・カバーニだ。(文:小澤祐作)

20201108_manu_getty

ブルーノ・フェルナンデスが恐怖に陥れた。マンUの完璧な勝利と立役者となった二人の戦士とは?

プレミアリーグ第8節、エバートン対マンチェスター・ユナイテッドが7日に行われ1-3でアウェイチームが勝利している。カルロ・アンチェロッティ監督は対ユナイテッド用の狙いをいくつか準備してきていたが、結果的には完敗を喫することに。一体なぜ。(文:小澤祐作)

20201105_cl2_getty

マンU、恥ずかしすぎる敗戦の要因は? 攻撃も守備もボロボロ…このレベルであってはならないお粗末ぶり【欧州CL】

チャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグH組第3節、イスタンブール・バシャクシェヒル対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間4日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。パリ・サンジェルマン、RBライプツィヒに勝利を収めてきたユナイテッドだが、この日は良いところなく敗戦。何が問題だったのか。(文:小澤祐作)

1104ManUtd_getty

マンチェスター・ユナイテッド最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。ポグバの調整が遅れ、エース不在で試行錯誤

プレミアリーグも7節を消化した(マンチェスター・ユナイテッドは第1節を未消化)。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、マンチェスター・ユナイテッドの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

マンチェスター・ユナイテッド

マンU驚きの大勝、何が起こった? スールシャール監督には不思議な力がある。解任論こそがエネルギーか【欧州CL】

チャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグH組第2節、マンチェスター・ユナイテッド対RBライプツィヒが現地時間28日に行われ、5-0でホームチームが勝利している。前半は互角の戦いだったが、終わってみれば大きな差がついた試合となった。チームを大勝に導いたオーレ・グンナー・スールシャール監督の采配とは?(文:小澤祐作)

1021Pogba_getty

マンUはどのようにPSGを撃破したのか? 投入が契機となったのは…スールシャールの采配的中は必然か偶然か【欧州CL】

UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節、パリ・サンジェルマン対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間20日に行われ、1-2でユナイテッドが勝利を収めた。負傷者を多く抱えていたユナイテッドだったが、オーレ・グンナー・スールシャール監督の采配が勝利を手繰り寄せた。(文:加藤健一)

20201015_manU_getty

マンU、人材は豪華だが総合力はD評価。スールシャールに変化なければカバーニらの補強も水の泡【欧州主要クラブ補強診断(3)】

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季プレミアリーグを3位で終えたマンチェスター・ユナイテッドの補強動向を読み解く。

マンチェスター・ユナイテッド

マンU対ブライトンはあまりに残酷すぎた幕切れ…。MOMはゴールポスト、勝者はただただ運に恵まれただけ

プレミアリーグ第3節、ブライトン対マンチェスター・ユナイテッドが26日に行われ、2-3でアウェイチームが勝利している。今季初白星を手に入れたユナイテッドだが、内容は前節のクリスタル・パレス戦同様散々なものに。ただただ運に恵まれたと言わざるを得ない。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top