オーレ・グンナー・スールシャール

マンチェスター・ユナイテッド

マンU、過去5年間の歴代フォーメーション。ファーガソン退任後、名門はなぜ迷走を続けたのか?

サー・アレックス・ファーガソン退任後、迷走を続けているマンチェスター・ユナイテッド。現在はクラブOBでもあるオーレ・グンナー・スールシャール監督の下で再建を図っているが、そこに至るまでも数多くの試練があった。今回フットボールチャンネルでは、ユナイテッドの過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介する。

マンチェスター・ユナイテッド

マンUが打ち砕いたLASKの夢。猛る若手が“赤”鱗躍動…大量5発で新型コロナも吹き飛ばす【EL】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の1stレグが現地12日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドはLASKリンツに5-0で勝利を収めた。新型コロナウィルスの大流行により開催も危ぶまれていたが、アウェイでの一戦は若手の躍動で大勝。オーストリアの新興勢力に格の違いを見せつけた。(文:舩木渉)

ブルーノ・フェルナンデス

マンUはまさに100点満点の出来。2ndレグで見せた別の顔、ブルーノ・フェルナンデスは“止められない”【EL】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッド対クラブ・ブルージュが現地時間27日に行われ、5-0でホームチームが圧勝している。2戦合計スコア6-1でベスト16入りを決めたユナイテッドは、1-1ドローに終わった1stレグからまったく別の姿を見せた。100点満点に近い出来と言えるが、その中で躍動したのはまたもあの男であった。(文:小澤祐作)

ブルーノ・フェルナンデス

ブルーノ・フェルナンデスは「赤い悪魔の王様」。マンUの怖さを引き上げる、“人を動かす”能力とは?

プレミアリーグ第27節、マンチェスター・ユナイテッド対ワトフォードが現地時間23日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。前半はやや苦戦を強いられたユナイテッドだったが、90分間を終えてみれば3得点快勝。その中で躍動したのは冬に加入したブルーノ・フェルナンデスだった。(文:小澤祐作)

20191226_england_getty

トッテナム、アーセナル、マンU、断捨離の対象は? 飼い殺しに前途多難な新監督、胸騒ぎな情報も…【プレミアビッグ6冬の補強策・後編】

プレミアリーグのビッグ6はそれぞれ事情を抱えながら、目前へと迫った冬の移籍市場を待っている。シーズン途中に新監督を迎えたトッテナムとアーセナル、そして監督交代を踏み止まったマンチェスター・ユナイテッド。それぞれの補強ポイントはどこにあるのか考えていく。(文:粕谷秀樹)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU対AZ、互角だった戦いはなぜここまでの大差がついたのか。的中した采配、影の立役者は?【欧州EL】

ヨーロッパリーグ(EL)・グループリーグL組第6節、マンチェスター・ユナイテッド対AZが現地時間12日に行われ、4-0でホームチームが勝利を収めた。前半互角だった戦いは、後半に入り急速に動き始めた。その理由と影の立役者とは(文:小澤祐作)

1205ManUnited_getty

スールシャールはマンUを壊すつもりなのか!? 再建案を提唱。復活にはこれしかない!【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

序盤戦を消化したプレミアリーグで、マンチェスター・ユナイテッドは中位に沈んでいる。人員整理と補強は必須で、オーレ・グンナー・スールシャール監督の進退も考えなければいけない。冬の移籍市場開幕を目前に控えた今、ユナイテッドに必要な再建策を考えていきたい。(文:粕谷秀樹)

マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドの戦術、選手起用法は? ポグバ不在だと何もできず…最大の問題は監督の手腕にあらず【序盤戦レポート(1)】

2019/20シーズンは序盤戦を終えた。補強が成功して首位争いを演じるチームもあれば、低迷して監督交代を余儀なくされたチームもある。各クラブのこれまでの戦いを振り返りつつ、見えてきた戦い方と課題を考察していく。第1回はマンチェスター・ユナイテッド。(文:編集部)

新着記事

↑top