オーレ・グンナー・スールシャール

20191226_england_getty

トッテナム、アーセナル、マンU、断捨離の対象は? 飼い殺しに前途多難な新監督、胸騒ぎな情報も…【プレミアビッグ6冬の補強策・後編】

プレミアリーグのビッグ6はそれぞれ事情を抱えながら、目前へと迫った冬の移籍市場を待っている。シーズン途中に新監督を迎えたトッテナムとアーセナル、そして監督交代を踏み止まったマンチェスター・ユナイテッド。それぞれの補強ポイントはどこにあるのか考えていく。(文:粕谷秀樹)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU対AZ、互角だった戦いはなぜここまでの大差がついたのか。的中した采配、影の立役者は?【欧州EL】

ヨーロッパリーグ(EL)・グループリーグL組第6節、マンチェスター・ユナイテッド対AZが現地時間12日に行われ、4-0でホームチームが勝利を収めた。前半互角だった戦いは、後半に入り急速に動き始めた。その理由と影の立役者とは(文:小澤祐作)

1205ManUnited_getty

スールシャールはマンUを壊すつもりなのか!? 再建案を提唱。復活にはこれしかない!【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

序盤戦を消化したプレミアリーグで、マンチェスター・ユナイテッドは中位に沈んでいる。人員整理と補強は必須で、オーレ・グンナー・スールシャール監督の進退も考えなければいけない。冬の移籍市場開幕を目前に控えた今、ユナイテッドに必要な再建策を考えていきたい。(文:粕谷秀樹)

マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドの戦術、選手起用法は? ポグバ不在だと何もできず…最大の問題は監督の手腕にあらず【序盤戦レポート(1)】

2019/20シーズンは序盤戦を終えた。補強が成功して首位争いを演じるチームもあれば、低迷して監督交代を余儀なくされたチームもある。各クラブのこれまでの戦いを振り返りつつ、見えてきた戦い方と課題を考察していく。第1回はマンチェスター・ユナイテッド。(文:編集部)

オーレ・グンナー・スールシャール

マンUはもう限界。ウィークポイントが存在し続ける始末、スールシャールの未来は暗い

プレミアリーグ第14節、マンチェスター・ユナイテッド対アストン・ビラが現地時間1日に行われ、2-2のドローに終わっている。ユナイテッドはこれでリーグ戦9試合連続失点という屈辱。スールシャール監督の未来は暗い。(文:小澤祐作)

プレミアリーグ

マンU、悲劇を生んだ采配ミス。一体なぜ、目前の勝利を手放してしまったのか?

プレミアリーグ第13節、シェフィールド・ユナイテッド対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間24日に行われ、3-3のドローで終わっている。前半はわずか1本のシュートしか放つことができなかったマンUは、0-2とビハインドを背負うものの、後半に入り3点を奪って一時は逆転。勝利は目前かと思われた。しかし、最後の最後で失点。なぜ、勝ち点2を落としてしまったのか。(文:小澤祐作)

スールシャール監督

マンU、謎采配だらけの監督が最大の弱点か。リバプールに1-1も内容は散々…続投か否か問われる時期に

プレミアリーグ第9節、マンチェスター・ユナイテッド対リバプールが現地時間20日に行われ、1-1のドローに終わった。今季絶不調のユナイテッドはリバプール相手に辛うじて引き分けたが、試合内容は一方的で、それに対して謎采配を振るった監督の手腕が問われる一戦となった。(文:松井悠眞)

マンチェスター・ユナイテッド

ポグバの躍動にスーパーミドル…マンUに吹いた追い風。それでも勝てない甘さ、拭えない課題とは

プレミアリーグ第7節、マンチェスター・ユナイテッド対アーセナルが現地時間9月30日に行われ、1-1のドローに終わっている。不調続きとなっているユナイテッドはこの日、マクトミネイのミドルシュートにより先制に成功するものの、ミス絡みから失点を喫し再び勝ち点2ポイントを落とした。そこに見られた甘さと課題とは。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top