オーレ・グンナー・スールシャール

1205ManUnited_getty

スールシャールはマンUを壊すつもりなのか!? 再建案を提唱。復活にはこれしかない!【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

序盤戦を消化したプレミアリーグで、マンチェスター・ユナイテッドは中位に沈んでいる。人員整理と補強は必須で、オーレ・グンナー・スールシャール監督の進退も考えなければいけない。冬の移籍市場開幕を目前に控えた今、ユナイテッドに必要な再建策を考えていきたい。(文:粕谷秀樹)

マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドの戦術、選手起用法は? ポグバ不在だと何もできず…最大の問題は監督の手腕にあらず【序盤戦レポート(1)】

2019/20シーズンは序盤戦を終えた。補強が成功して首位争いを演じるチームもあれば、低迷して監督交代を余儀なくされたチームもある。各クラブのこれまでの戦いを振り返りつつ、見えてきた戦い方と課題を考察していく。第1回はマンチェスター・ユナイテッド。(文:編集部)

オーレ・グンナー・スールシャール

マンUはもう限界。ウィークポイントが存在し続ける始末、スールシャールの未来は暗い

プレミアリーグ第14節、マンチェスター・ユナイテッド対アストン・ビラが現地時間1日に行われ、2-2のドローに終わっている。ユナイテッドはこれでリーグ戦9試合連続失点という屈辱。スールシャール監督の未来は暗い。(文:小澤祐作)

プレミアリーグ

マンU、悲劇を生んだ采配ミス。一体なぜ、目前の勝利を手放してしまったのか?

プレミアリーグ第13節、シェフィールド・ユナイテッド対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間24日に行われ、3-3のドローで終わっている。前半はわずか1本のシュートしか放つことができなかったマンUは、0-2とビハインドを背負うものの、後半に入り3点を奪って一時は逆転。勝利は目前かと思われた。しかし、最後の最後で失点。なぜ、勝ち点2を落としてしまったのか。(文:小澤祐作)

スールシャール監督

マンU、謎采配だらけの監督が最大の弱点か。リバプールに1-1も内容は散々…続投か否か問われる時期に

プレミアリーグ第9節、マンチェスター・ユナイテッド対リバプールが現地時間20日に行われ、1-1のドローに終わった。今季絶不調のユナイテッドはリバプール相手に辛うじて引き分けたが、試合内容は一方的で、それに対して謎采配を振るった監督の手腕が問われる一戦となった。(文:松井悠眞)

マンチェスター・ユナイテッド

ポグバの躍動にスーパーミドル…マンUに吹いた追い風。それでも勝てない甘さ、拭えない課題とは

プレミアリーグ第7節、マンチェスター・ユナイテッド対アーセナルが現地時間9月30日に行われ、1-1のドローに終わっている。不調続きとなっているユナイテッドはこの日、マクトミネイのミドルシュートにより先制に成功するものの、ミス絡みから失点を喫し再び勝ち点2ポイントを落とした。そこに見られた甘さと課題とは。(文:小澤祐作)

マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドの未来は「想像するだけでも恐ろしい」。非常ベルが鳴り響く【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

マンチェスター・ユナイテッドが追い詰められている。今季は開幕6試合を終えて2勝2分け2敗。第6節ではウェストハムに0-2で敗れた上に内容でも最低の出来だった。オーレ・グンナー・スールシャール監督の解雇も現実的となってきたが、彼らに未来はあるのか。(文:粕谷秀樹)

マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドはトップ10で満足せよ。性急な若返りに低レベルの中盤争いに疑問【粕谷秀樹のプレミアリーグ補強診断(2)】

2019/20シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はプレミアリーグでおなじみの粕谷秀樹氏がマンチェスター・ユナイテッドの補強を読み解く。(文:粕谷秀樹)

オーレ・グンナー・スールシャール

ポグバをブッ潰せ、だ。簡単なマンU対策、無策のまま流れる時間。何も進歩しない現状では…【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

プレミアリーグ第4節、サウサンプトン対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間8月31日に行われ、1-1のドローに終わっている。ユナイテッドはこれでリーグ戦3試合勝ちなしと、苦しい状況に追い込まれており、昨季のPSG戦以降、チームの勢いは落ちていると言わざるを得ない。ポグバが封じられると攻め手がない現状だが、無策のまま時間だけが流れていくのだろうか。(文:粕谷秀樹)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU、ミス連発の要因とは? 長所と短所が混ざり合い失った勝ち点2

プレミアリーグ第2節、ウォルバーハンプトン対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間19日に行われている。試合はアウェイチームが主導権を握りながら進めるものの、ポグバがPKを失敗するなどし、1-1で終了している。このゲームではユナイテッドの長所と短所が同時に浮き彫りになったと言えるだろう。(文:小澤祐作)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU対チェルシー、衝撃の4-0。その時、ピッチでは何が起こっていたのか?

プレミアリーグ第1節マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーの一戦は4-0でホームチームが勝利を収めた。最終ラインを中心に積極的な補強を行い、評価を上げていたユナイテッドだが、チェルシーを相手にこの点差をつけることは想定外だった。ピッチでは何が起こっていたのか。(文:内藤秀明)

新着記事

↑top