オーレ・グンナー・スールシャール

メイソン・グリーンウッド

マンUにはグリーンウッドがいる。正真正銘の怪物、強き赤い悪魔を支える18歳の魅力とは

プレミアリーグ第33節、マンチェスター・ユナイテッド対ボーンマスが現地時間4日に行われ、5-2でホームチームが勝利している。これでユナイテッドはリーグ再開後無敗を維持。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向け、調子はぐんぐんと上がっている。その中で非常に重要な役割を果たしたのは、評価を伸ばしている18歳の怪物だった。(文:小澤祐作)

ブルーノ・フェルナンデス

マンU、ブルーノ・フェルナンデスは“神の領域”に。一人でチームを変えた男の類稀なる才能

プレミアリーグ第32節、ブライトン対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間6月30日に行われ、0-3でアウェイチームが勝利している。これでユナイテッドはリーグ戦2連勝。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を争うライバルであるチェルシーにプレッシャーを与えることになった。その中で、勝利の立役者となったのは、一体誰なのだろうか。(文:小澤祐作)

マンチェスター・ユナイテッド

マンUに揃った「最強メンバー」とは? 難敵シェフィールド撃破、快勝劇のカギを握った名脇役

プレミアリーグ第31節、マンチェスター・ユナイテッド対シェフィールド・ユナイテッドが現地時間24日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。前半から攻守両面でブレイズを上回ったユナイテッドは、その後もペースを握らせず、ほぼ完璧な内容でゲームを締めた。その中でも、脇役の存在は欠かせなかったと言える。(文:小澤祐作)

ポール・ポグバ

マンUを絶望から救った一手。トッテナムの巧守に苦闘も…全てを変えたポグバの別格な輝き

プレミアリーグ第30節、トッテナム対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間19日に行われ、1-1のドローに終わっている。ステフェン・ベルフワインのゴールで先制されるなど苦しんだユナイテッドであったが、終盤の得点で何とか勝ち点1を奪うことができた。流れを変えたのは、復活が期待されるあの選手だった。(文:小澤祐作)

0602ManUtd_getty

マンU、必然だった失速。モウリーニョ政権はなぜいつも短命に終わるのか【マンチェスター・ユナイテッドの20年史(終)】

マンチェスター・ユナイテッドは世界屈指のビッグクラブだが、その長い道のりの中で紆余曲折を経験している。1986年から指揮を執るアレックス・ファーガソン監督は、27年にも及ぶ輝かし時代を作ったが、その後は苦しい時期が続く。今回は、そんなマンチェスター・ユナイテッドの現代史を複数回に渡って辿る連載の最終回となる。(文:西部謙司)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU、過去5年間の歴代フォーメーション。ファーガソン退任後、名門はなぜ迷走を続けたのか?

サー・アレックス・ファーガソン退任後、迷走を続けているマンチェスター・ユナイテッド。現在はクラブOBでもあるオーレ・グンナー・スールシャール監督の下で再建を図っているが、そこに至るまでも数多くの試練があった。今回フットボールチャンネルでは、ユナイテッドの過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介する。

マンチェスター・ユナイテッド

マンUが打ち砕いたLASKの夢。猛る若手が“赤”鱗躍動…大量5発で新型コロナも吹き飛ばす【EL】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の1stレグが現地12日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドはLASKリンツに5-0で勝利を収めた。新型コロナウィルスの大流行により開催も危ぶまれていたが、アウェイでの一戦は若手の躍動で大勝。オーストリアの新興勢力に格の違いを見せつけた。(文:舩木渉)

ブルーノ・フェルナンデス

マンUはまさに100点満点の出来。2ndレグで見せた別の顔、ブルーノ・フェルナンデスは“止められない”【EL】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッド対クラブ・ブルージュが現地時間27日に行われ、5-0でホームチームが圧勝している。2戦合計スコア6-1でベスト16入りを決めたユナイテッドは、1-1ドローに終わった1stレグからまったく別の姿を見せた。100点満点に近い出来と言えるが、その中で躍動したのはまたもあの男であった。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top