カリム・ベンゼマ

得点力復活の要因は? 23歳MFの躍動。レアルが手にした“新たな心臓”

得点力復活の要因は? 23歳MFの躍動。レアルが手にした“新たな心臓”

リーガエスパニョーラ第10節、レアル・マドリーはホームでラス・パルマスと対戦。今季は無敗を続けながらも一時の得点不足で批判の声も出始めていたマドリー。しかし、ここにきて3試合連続3得点と、得点力を取り戻した。その要因は、前線ではなくアンカーにあった。

自国開催のEURO迎えるフランス代表。指揮官の“嬉しいお悩み”とホスト国特有のハンデとは?

自国開催のEURO迎えるフランス代表。指揮官の“嬉しいお悩み”とホスト国特有のハンデとは?

現地時間13日、およそ1年間に渡るEURO予選の全日程が終了し、予選突破チームやプレーオフ進出チームが全て決まった。その一方、開催国のフランスは親善試合を重ねて着々とチームを構成している。ディディエ・デシャン監督は“嬉しいお悩み”を持つと同時に、フランス代表はホスト国特有のハンデも背負っている。

過密日程の弊害!? 代表戦で負傷したビッグクラブのキーマン8人

過密日程の弊害!? 代表戦で負傷したビッグクラブのキーマン8人

欧州のビッグクラブに在籍するスターたちはリーグ戦、カップ戦、代表と多くの試合でプレーしなければならない。それだけに過密日程は避けられず、負傷のリスクも高くなる。そんな中各国代表に参加した選手のうち、今週負傷してしまったキーマン8人を紹介しよう。

20150927_crona_getty

シュート14本で枠内2本、8得点も2戦のみ。生産性の悪さを露呈する“固め打ち”のロナウド

リーガエスパニョーラ第6節、レアル・マドリーはマラガと対戦。ホームでの試合で、今季未勝利の相手という大量点も見込める試合で、結果はまさかの0-0。エース、クリスティアーノ・ロナウドは14本のシュートを放ちながら、枠内はわずか2本にとどまっていた。

C・ロナウドが輝けなかった3つの理由。支配率、モドリッチ、ベイル…その原因とは?

C・ロナウドが輝けなかった3つの理由。支配率、モドリッチ、ベイル…その原因とは?

リーガエスパニョーラ第4節、レアル・マドリーはホームでグラナダに1-0と勝利。しかし、2試合で8ゴールと爆発したクリスティアーノ・ロナウドは一転して無得点と沈黙。考えられる3つの理由とその原因とは?

新着記事

↑top