カーティス・ジョーンズ

背番号17こそリバプールの希望。マネやフィルミーノにも劣らぬ存在感。ポテンシャルは「並外れている」【分析コラム】

プレミアリーグ第26節、シェフィールド・ユナイテッド対リバプールが現地時間2月28日に行われ、0-2でアウェイチームが勝利している。リバプールはこれでリーグ戦の連敗が「4」でストップ。特別な重みのある勝ち点3を手にした。希望を与えたのは、若きMFだ。(文:小澤祐作)

クロップはリバプールの危機をチャンスに変える。2人の19歳はいかにしてアヤックス戦勝利の立役者となったのか?【CL分析コラム】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループD第5節、リバプール対アヤックスが現地時間1日に行われ、1-0でリバプールが勝利を収めた。戦績を4勝1敗としたリバプールはグループステージ突破が確定。フィルジル・ファン・ダイクやトレント・アレクサンダー=アーノルドなど負傷者が続出しているが、ユース出身の若手が与えられたチャンスで成長の跡を見せている。(文:加藤健一)

リバプール最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。クロップが選んだファン・ダイクの代役は?

プレミアリーグも7節を消化した。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、リバプールの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

リバプール期待の新戦力5人。ジョッタ、チアゴら獲得で死角なし、10代の若手も台頭でプレミア連覇を狙う

リバプールは昨季、悲願のプレミアリーグ制覇を成し遂げた。ディフェンディングチャンピオンとして臨む今季は、ディオゴ・ジョッタやチアゴ・アルカンタラらを獲得。主力級の補強がなかった昨夏から一転、課題とされていた選手層に厚みをもたらす補強を見せている。今回は、3連覇を達成した1983/84シーズン以来となる王者防衛を目指すリバプールに加わった新戦力と、ブレイクが期待される若手選手5人を紹介する。

リバプール、南野拓実は何タイプか? ライバルの決定的な違いと苦戦で明らかになった必要な存在

プレミアリーグ第33節、リバプール対アストン・ビラが現地時間5日に行われ、2-0でリバプールが勝利した。リバプールはなかなか攻撃のチャンスを作れずにいたが、試合終盤に2得点を挙げて帳尻を合わせている。南野拓実はこの試合で出場機会がなく、ライバルたちに先発の機会が与えられている。(文:加藤健一)

南野拓実の癖はリバプールの攻撃を停滞させる。改善が見られた2度目の先発、18歳のライバルは脅威に

FAカップ4回戦、シュルーズベリー・タウン対リバプールが現地時間26日に行われ、2-2で引き分けて再試合が行われることになった。3日前のウォルバーハンプトン戦でプレミアリーグデビューを飾ったFW南野拓実は、センターフォワードとして先発して85分までプレーした。ライバルが目に見える結果を残す中で、南野自身も改善の跡を見せているが、染みついた癖が目についた。(文:加藤健一)

新着記事

↑top