ガブリエル・シャビエル

20210417_nagoya-6-10_getty

名古屋グランパス、最強の助っ人は誰だ!? 歴代外国人得点ランキング6~10位。ヴェンゲル時代のボランチがランクイン。現10番ガブリエル・シャビエルは何位?

 29年目を迎えたJリーグでは、これまで様々な外国籍選手がプレーしてきた。名古屋グランパスでも、多くの外国人選手がクラブの歴史に名を残している。今回は、名古屋グランパスでプレーした外国籍選手の中から、所属時の得点ランキングを紹介する。※成績はJリーグ通算

20201230_jleague21to35_getty

最高額のJリーガーは誰だ? サッカー選手市場価値ランキング21~35位。現役ベルギー代表DFは何位?

明治安田生命Jリーグは2020年の全日程を終了した。オフは連日にわたって選手の移籍が発表されるが、市場価値の高いJリーガーは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※2020年シーズンのJ1クラブに所属する選手が対象、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

1231Nagoya_getty

名古屋グランパスが断念した風間八宏スタイル。機能した新戦力と不調に陥ったダブルエース【2019年Jリーグ通信簿】

今シーズンのJ1リーグも全日程が終了した。この1年を振り返り、各クラブはどのようなシーズンを過ごしたのだろうか。今回は、13位の名古屋グランパスの今季を振り返る。(文:編集部)

Jリーグ

J1、J2、J3今節の見どころは? セレッソ対ガンバは激闘必至の大一番! グランパスは“初陣”へ【編集部フォーカス】

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第27節、J2第34節、J3第24節を迎える。徐々に勝ち点差は広がり、勢力図ができつつあるが、リーグはまだまだ続く。今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

Jリーグ

平畠啓史さん選定! Jリーガー能力別No.1プレーヤー。世界に知ってほしい名手たち(前編/2019年版)【編集部フォーカス】

Jリーグサポーターにはおなじみの平畠啓史さんが、各能力部門の中で最も優れたJリーガーを選定。「能力別No.1プレーヤー」には、一体誰が選ばれるのだろうか。今回は前編。(選定:平畠啓史、取材・文・構成:小澤祐作)

0526nagoya01

【英国人の視点】ランゲラック「優勝するためには…」。グランパス守護神が感じる手応えと好調の要因

昨季の前半戦は最下位に沈み、最終節の引き分けによってJ1残留を決めた名古屋グランパス。しかし、対照的に今季は開幕から好調を維持。12節終了時点で2位に位置している。ゴールマウスを守るランゲラックは、得点や失点よりも「目を向けるべきもの」があると言う。(取材・文:ショーン・キャロル)

190219_1_getty

J1今季最強ユニットはこの5組? 神戸の“VIP”トリオ、王者の中盤カルテットも【編集部フォーカス】

多くの選手が移籍し、また新たな外国人スターも来日した今季のJリーグ。選手個々にも注目が集まるが、仲間との連係が高まればその力は何倍にも膨れ上がるだろう。そこで今回フットボールチャンネル編集部では、今季のJ1で活躍が期待される強力ユニットとして紹介する。

小西工己社長(右)と風間八宏監督(左)

ジョー獲得の「機動力はさすがでした」。名古屋 “トップ対談”、小西社長×風間監督

1年でのJ1復帰を果たした名古屋グランパスは元ブラジル代表FWジョーや、オーストラリア代表GKランゲラックの獲得など、積極的な補強を敢行した。風間監督のもと、独自のスタイルを見せるチームはどのような進化を目指しているのか。発売中の『フットボール批評issue19』(カンゼン)では、1月に名古屋グランパスの小西工己社長と風間八宏監督のスペシャル対談を実施。クラブとチームのトップによる「技術論」を中心に話が展開されている。一部を抜粋して掲載する。(取材・構成:西部謙司)

新着記事

↑top