キム・ヨングォン

宮本恒靖

G大阪、アジア最高のCB獲得で再起なるか。既存戦力にも高い期待、勝負の宮本恒靖体制2年目【2019年Jリーグ補強診断】

2019年のJ1リーグが間もなく開幕する。新シーズンに向けて各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、昨季9位でリーグ戦を終えたガンバ大阪を取り上げる。

190213_icatch_getty

J1新加入期待の外国人選手5人(1)。W杯優勝ストライカーなどビッグネームが来日【編集部フォーカス】

今季のJリーグが間もなく開幕する。どのチームも戦力補強に余念がなく、多くの選手が新天地を求めた。そして、日本に活躍の場を移した外国人選手も多い。その中にはワールドカップ優勝メンバーを筆頭に大物が顔を揃えた。それぞれのチームで彼らはどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。

韓国はウズベキスタンと引き分け辛くもロシアW杯出場権を獲得した

韓国、薄氷のW杯予選突破。最悪の事態こそ免れるも問題は山積、本大会へ不安だらけ

9月5日(現地時間)、韓国代表は2018年ロシアW杯アジア最終予選最終戦、ウズベキスタンとのアウェイゲームに臨んだ。韓国は勝利すれば自力で本大会出場を決められる状況にあったが、結果は0-0とスコアレスドロー。同時刻に行われていた試合でシリアが引き分けたため、辛くもW杯出場権を獲得した。最悪の事態こそ免れたものの、問題は山積みの状況にある。(文:キム・ドンヒョン)

ホームでのイラン戦はドロー。ウズベキスタンに敗れれば予選敗退となる可能性も出てきた

“崖っぷち”韓国、W杯かけ決戦へ。「失言騒動」で世論は冷やか。プレーオフ逃す可能性も

現地時間9月5日、韓国代表は2018年ロシアW杯アジア最終予選のウズベキスタン戦に臨む。8月31日のイラン戦は引き分けに終わり、最終戦に敗れればプレーオフ進出すら逃す可能性も出てきたが、ゲームキャプテンの失言もあり、国民の応援ムードは冷やかなものとなっている。(文:キム・ドンヒョン)

英国人が見た日韓戦「攻撃が全くできなかった」「W杯8強狙うなら永井のような選手がいてはダメ」

英国人が見た日韓戦「攻撃が全くできなかった」「W杯8強狙うなら永井のような選手がいてはダメ」

日本代表は5日、EAFF東アジアカップ2015の第2戦で韓国と対戦して1-1の引き分け。この試合中、現地で取材するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時感想を聞いた。

新着記事

FChan TV

↑top