ギリシャ

20140620_zac_getty

ザック監督、悔しさにじませ「最後ゴールを割ることが出来なかった」

日本時間20日に行われた日本対ギリシャ戦。日本は0-0のスコアレスドローに終わり、ザッケローニ監督が試合後に語った。

20140620_daihyo_getty

日本対ギリシャ。数的優位を活かせずドロー。グループ突破へ厳しい状況に【どこよりも早い採点】

6月20日(日本時間)、日本対ギリシャの一戦が行われ、0対0の引き分けに終わった。ザックジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

20140620_okubo

日本、数的優位も得点奪えずドロー。得失点差での16強進出の可能性を残し、次戦はコロンビアと対戦へ

ブラジル・ナタルで行われた日本対ギリシャ。互いに得点を奪うことが出来ずスコアレスドローに終わった。

ギリシャ戦ハーフタイム速報。相手退場で「バイタルエリアが空いた」。後半は「風下のなり、ロングボールに注意」

ギリシャ戦ハーフタイム速報。相手退場で「バイタルエリアが空いた」。後半は「風下のなり、ロングボールに注意」

ブラジル・ナタルで行われている日本対ギリシャ。前半はどのような出来だっただろうか。現地取材する記者に聞いた。

【ギリシャ戦プレビュー】いざ、ギリシャ。日本代表を取り巻く光景と支えるものに思うこと

【ギリシャ戦プレビュー】いざ、ギリシャ。日本代表を取り巻く光景と支えるものに思うこと

日本代表のW杯は、第1戦を終えて早くも危機的状況にある。毎週、週替わりのテーマで議論を交わす『J論』では、「初戦敗北。ギリシャ戦に向けた日本の採るべき術策は何か?」と題して、第2戦に向けた日本代表の選択肢を探っていく。今回はJ論編集長・川端暁彦が、ギリシャ戦に向けて物申す。日本サッカーの象徴たる日本代表へ向けて、期待と信頼を込めて。

20140619_zac_getty

ギリシャ戦プレビュー。撃破のポイントは「前線からのプレス」。コートジボワール戦最大の敗因を修正できるかがカギを握る

勝利が絶対条件となったギリシャ戦。この試合で勝利のカギとなるのが“前線からのプレス→ショートカウンター”の成否だ。コートジボワール戦では機能せず、最大の敗因となったが中4日での修正が必須となった。

20140619_kagawa_getty

ギリシャ戦、問われる10番の真価。香川が誓った雪辱「ここで気持ち折れようなら4年間は何だったのか」

コートジボワール戦では守備に忙殺され、シュートゼロに終わった香川真司。しかし、目前に迫った第2戦ギリシャ戦に勝つためには香川の活躍が不可欠だ。

韓国代表選手に聞くギリシャ攻略のイロハ「日本は勝てる。体は強いがワン・ツーについてこられない」

韓国代表選手に聞くギリシャ攻略のイロハ「日本は勝てる。体は強いがワン・ツーについてこられない」

日本代表がグループリーグ二戦目で対峙するギリシャ代表の実力とは。今年3月に親善試合を戦った韓国代表キム・ジンス(アルビレックス新潟→ホッフェンハイムへ移籍)の率直な感想に耳を傾けてみた。(『フットボールサミット第21回 遠藤保仁、W杯を語る』より)

吉田、ギリシャ戦へ強い決意「後ろから安定感をもたらしたい」。パワープレーにも意欲「俺、得意だもん」

吉田、ギリシャ戦へ強い決意「後ろから安定感をもたらしたい」。パワープレーにも意欲「俺、得意だもん」

明後日に迫ったギリシャ戦。DF吉田麻也が意気込みを語った。彼はコートジボワール戦を分析するとともにギリシャを封じるために自分のタスクを分析。また、賛否を呼んだパワープレーにも言及した。

Greece Training Session & Press Conference - 2014 FIFA World Cup Brazil

【ギリシャ密着!】キャンプから見えた“堅守の国”の日本対策。ザックジャパンはどう戦うべきか?

日本と同様、後がないギリシャ。勝ち点3を得るために何を仕掛けてくるのか。厳戒態勢とはいえ、キャンプ地の取材から見えてくることがある。そして日本はどう戦うべきなのか?

堅守だが意外な脆さも。勝利必須のギリシャ戦、攻略のカギはどこに? ポイントは遠藤の先発復帰

堅守だが意外な脆さも。勝利必須のギリシャ戦、攻略のカギはどこに? ポイントは遠藤の先発復帰

勝利が必須となったW杯第2戦、ギリシャ戦。まずギリシャがどんなチームであるのか分析する必要がある。堅守と言われているが、具体的にどこが強く、脆さはどこにあるのか? そして日本が攻略するためのポイントはどこにあるのか?

新着記事

↑top