クラウス・アロフス

20200622_germanyfw_getty

ドイツ代表、ストライカーの系譜。W杯4度出場の歴代得点王も…各年代を象徴する伝説のエースたち

ドイツ代表はこれまでワールドカップで安定して好成績を残してきた。その背景には、西ドイツ時代も含めて各年代を象徴する圧倒的なエースの存在がある。ワールドカップの歴代最多得点記録を持つ者さえいる。今回はゲルマン魂を脈々と受け継いできたドイツ代表におけるストライカーの系譜を、ワールドカップでの成績とともに振り返っていく。

独杯、ドルトムントに立ちはだかる新たな革命者ヴォルフスブルク。栄光後の低迷から引き上げた“ある存在”

独杯、ドルトムントに立ちはだかる新たな革命者ヴォルフスブルク。栄光後の低迷から引き上げた“ある存在”

ドイツカップ優勝を狙うのは、ドルトムントだけではない。08-09シーズン、長谷部誠らを擁してリーグ優勝を遂げたヴォルフスブルクだが、その後は低迷。しかし、今季はリーグ2位に加えてカップ戦タイトルにも王手をかけた。

新しい時代の始まり。ドルトムントと立場が入れ替わったヴォルフスブルク「王者クラスに辿り着く」

新しい時代の始まり。ドルトムントと立場が入れ替わったヴォルフスブルク「王者クラスに辿り着く」

現在、ブンデスリーガで2位と好調を維持しているヴォルフスブルク。昨季までドルトムントが“定位置”としていた王者バイエルンのライバルチームという立ち位置が入れ替わった印象だ。シュールレも獲得し、CL常連の強豪となるのか。

新着記事

↑top