クラウス・アロフス

独杯、ドルトムントに立ちはだかる新たな革命者ヴォルフスブルク。栄光後の低迷から引き上げた“ある存在”

ドイツカップ優勝を狙うのは、ドルトムントだけではない。08-09シーズン、長谷部誠らを擁してリーグ優勝を遂げたヴォルフスブルクだが、その後は低迷。しかし、今季はリーグ2位に加えてカップ戦タイトルにも王手をかけた。

新しい時代の始まり。ドルトムントと立場が入れ替わったヴォルフスブルク「王者クラスに辿り着く」

現在、ブンデスリーガで2位と好調を維持しているヴォルフスブルク。昨季までドルトムントが“定位置”としていた王者バイエルンのライバルチームという立ち位置が入れ替わった印象だ。シュールレも獲得し、CL常連の強豪となるのか。

新着記事

↑top