クラスノダール

ドルト、EL敗戦もGS突破。指揮官が見た“パラドックス”な結果、「幸運」はクラスノダールの手に

ドルト、EL敗戦もGS突破。指揮官が見た“パラドックス”な結果、「幸運」はクラスノダールの手に

ドルトムントは現地時間26日、ヨーロッパリーグ(EL)グループステージでロシアのクラスノダールと対戦した。試合を通じて多くのチャンスを作ったドルトムントだったが、試合開始直後のPKにより0-1で敗れている。トーマス・トゥヘル監督は試合後、この結果は「パラドックスだ」と語っている。

バルサMSNに刺激を受けた香川。「自分自身にも強く要求を」。厳しい姿勢で高みを目指す

ELクラスノダール戦、香川は帯同せず。“ファンタスティック4”の3人を欠くドルトに問われる「課題」

アウェイでのクラスノダール戦を迎えるドルトムント。ヨーロッパリーグ(EL)グループステージの首位通過確定がかかる一戦だが、香川真司、ピエール=エメリク・オーバメヤン、マルコ・ロイスは疲労を考慮し帯同せず。HSV戦で1-3と敗戦を喫した直後だけに勢いを取り戻すための重要な一戦となる。

香川が語った「課題」。“即興”中盤のドルトムント、EL初戦勝利も…展開は「ヒヤヒヤ」

香川が語った「課題」。“即興”中盤のドルトムント、EL初戦勝利も…展開は「ヒヤヒヤ」

現地時間17日、香川真司が所属するドルトムントはヨーロッパリーグ(EL)グループステージでロシアのクラスノダールと対戦した。この試合で香川はベンチスタート。1-1の同点で迎えた試合終盤に新加入の韓国代表MFパク・チュホが決勝ゴールをきめたことでなんとか勝利したドルトムントだが、香川は「課題が残る」と反省を口にしている。

20150917_kagawa_getty

ドルトムント、EL初戦は“未開の敵”。クラスノダールとの力関係は? 香川は先発濃厚

ヨーロッパリーグ(EL)に挑むドルトムント。その初戦はロシアのクラスノダール。初対戦となる相手だが、力関係はどのようなものだろうか。そして、クラブ初の優勝へ香川真司は先発が濃厚だ。

新着記事

FChan TV

↑top