クラブW杯

181227_abe_getty

【英国人の視点】鹿島・安部裕葵に感じる“本物”の予感。大舞台に立つだけでは満足しない、その資質

鹿島アントラーズは、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)王者としてクラブワールドカップに挑んだが、3位決定戦でリーベル・プレートに敗れた。しかし、この大会で19歳の安部裕葵が大器の片鱗をのぞかせた。(文:ショーン・キャロル)

鹿島アントラーズ

鹿島、衝撃の4失点完敗を意味のある敗戦に。南米王者リーベルから学ぶべき勝利へのこだわり

現地時間22日に行われたFIFAクラブワールドカップの3位決定戦、鹿島アントラーズは0-4で南米王者リーベル・プレートに敗れた。終盤までゴールに迫り続け、大量得点を奪ったアルゼンチンの強豪と、チャンスを作りながらゴールネットを揺らせなかったアジア王者との間にはどんな差があったのだろうか。(文:編集部)

新着記事

↑top