クリスティアン・エリクセン

20191226_england_getty

トッテナム、アーセナル、マンU、断捨離の対象は? 飼い殺しに前途多難な新監督、胸騒ぎな情報も…【プレミアビッグ6冬の補強策・後編】

プレミアリーグのビッグ6はそれぞれ事情を抱えながら、目前へと迫った冬の移籍市場を待っている。シーズン途中に新監督を迎えたトッテナムとアーセナル、そして監督交代を踏み止まったマンチェスター・ユナイテッド。それぞれの補強ポイントはどこにあるのか考えていく。(文:粕谷秀樹)

トッテナム

トッテナムの戦術、選手起用は? モウリーニョの腕により蘇る。新指揮官がチームにもたらしたものとは?【序盤戦レポート(9)】

2019/20シーズンは序盤戦を終えた。補強が成功して首位争いを演じるチームもあれば、低迷して監督交代を余儀なくされたチームもある。各クラブのこれまでの戦いを振り返りつつ、見えてきた戦い方と課題を考察していく。第9回はトッテナム。(文:編集部)

ジョゼ・モウリーニョ

トッテナム、ドイツ王者を前になす術なし…試合を掌握したバイエルンとの力の差とは?

チャンピオンズリーグ(CL)第6節、バイエルン・ミュンヘン対トッテナムの一戦が現地11日に行われ、ホームチームが3-1で勝利を収めた。両者決勝トーナメント進出を決めている中で、エースをスタメンから外して挑んだ。特にトッテナムはこれまで出場機会に恵まれない選手を起用したが、ドイツ王者を前になす術なし。防戦一方の展開となった。(文:松井悠眞)

1127Mourinho_getty

トッテナム、モウリーニョの采配によって起きた劇的な変化。大逆転の裏で明確になった課題とは?

UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグB組第5節のトッテナム対オリンピアコスが、現地26日に行われた。試合はトッテナムが4-2で勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めた。2点を先行されたホームチームだったが、ジョゼ・モウリーニョ監督は前半から交代カードを切り、鮮やかに逆転した。試合のターニングポイントはどこにあったのだろうか。(文:加藤健一)

新着記事

↑top