ケビン・カンプル

20200916_leipzig_getty

RBライプツィヒ、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。打倒バイエルンへ、韓国人FWはヴェルナーの穴を埋められるか

昨季のチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4入りを果たすなど、RBライプツィヒの躍進は止まらない。若き智将ユリアン・ナーゲルスマン監督の下で勢いのある若手も多数揃っているなど、打倒バイエルン・ミュンヘンに向けて着実に力をつけている。今回は20/21シーズンのレギュラーが予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

「100%以上のものを」。ドルトムント、逆転勝ち抜けなるか。独紙は香川の先発予想で意見分かれる

「100%以上のものを」。ドルトムント、逆転勝ち抜けなるか。独紙は香川の先発予想で意見分かれる

ユベントスとの1stレグを1-2で落としたものの、アウェイゴールを手にしたドルトムント。ホームでの2ndレグでの逆転勝ち抜けは決して不可能ではない。香川真司は重要な一戦で先発することができるだろうか。

「ドルトムントに赤信号」。無得点ドローで最下位転落。それでもクロップは「良い初めの一歩」

「ドルトムントに赤信号」。無得点ドローで最下位転落。それでもクロップは「良い初めの一歩」

ブンデスリーガ後期の初戦、ドルトムントはレバークーゼンとアウェイで引き分けに終わり、最下位に転落した。しかし、ユルゲン・クロップ監督は一定の満足感を示した。残留争いを勝ち抜き、来季も1部に名を連ねることができるだろうか。

新参者ケヴィン・カンプル。平坦ではなかった道程。苦労人はドルトムントの救世主となるか

新参者ケヴィン・カンプル。平坦ではなかった道程。苦労人はドルトムントの救世主となるか

前半戦を降格圏の17位で折り返したドルトムントは、冬の移籍市場でオーストリアのザルツブルクからFWケヴィン・カンプルを獲得した。これまで、決して平坦ではなかった道程を歩んだ苦労人は低迷するクラブの救世主となるだろうか。

新着記事

↑top