ケビン・デ・ブルイネ

20180710_de-bruyne_getty-560x373

個をつなぐ「偽CFデ・ブルイネ」という奇策。ベルギーが見つけた“正解”、最高の状態で準決勝へ【西部の目/ロシアW杯】

 ロシアワールドカップ準々決勝・ブラジル戦において、ベルギーはケビン・デ・ブルイネを「偽CF」として起用。この策が当たり、王国を打ち破った。デ・ブルイネを触媒にエデン・アザールやロメル・ルカクの『個』もさらに光るようになった。奇策にも映るこの戦い方だが、実は彼らの力を最大限発揮するための正解かもしれない。(文:西部謙司)

180707_bel_getty

ベルギーは日本戦を“糧”に。ブラジル撃破の周到な計画と爆発した『個』。王国は必然の敗戦【ロシアW杯】

 ロシアワールドカップ準々決勝が現地時間6日に行われ、ベルギー代表がブラジル代表を2-1で下した。エデン・アザール、ケビン・デ・ブルイネ、ロメル・ルカクらを擁し黄金世代と称される今大会のベルギー。日本戦で得た教訓を生かしつつ、王国を破るためのプランも実践。主力を累積警告で欠くブラジルも全てを出し尽くした。ベスト4進出に相応しいのはベルギーのほうだった。(文:青木務)

180702_eden_getty

日本が採るべきアザール対処法。絢爛豪華なベルギーだが…実力差を埋める意外なポイントとは?【西部の目/ロシアW杯】

 エデン・アザール、ドリース・メルテンス、ケビン・デ・ブルイネ、ロメル・ルカクなど強烈な個の能力を持つ選手が揃うベルギー。この相手とロシアワールドカップ・ベスト8進出をかけて戦うのが日本である。自由を与えれば大量失点は免れない。しかし、活路はゼロではない。『個』だけで見れば優勝候補のベルギーを相手に、日本はどのように立ち向かえばいいのだろうか。(文:西部謙司)

180702_bel_getty

奇跡の8強入りへ…カギ握る“あの4人”の獅子奮迅。覚悟を持てなければベルギー戦は始まらない【宮澤ミシェルの独り言/ロシアW杯】

 日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第12回は、日本対ベルギーを展望する。攻守に隙のないタレント軍団を相手に厳しい試合が予想されるなか、勝負のポイントは? 西野ジャパンはミラクルを起こすことができるだろうか。(語り手:宮澤ミシェル)

ベルギー代表

ベルギーが魅せた個の力。アザールとデ・ブルイネによる支配力と払拭されない不安…【ロシアW杯】

ロシアワールドカップ・グループリーグG組第1節、ベルギーはパナマと対戦して3-0と快勝した。この試合では、FWドリース・メルテンスのゴールを皮切りにFWエデン・アザールやMFケビン・デ・ブルイネが個の力を見せつけた。しかし、その内容は大会前の懸念を払拭するものとはならなかった。(文:海老沢純一)

新着記事

↑top